「お金の執着」から卒業したら数千億が動いた事例(1) ~10秒スイッチを続けると奇跡は起きる~

「お金の執着」から卒業したら数千億が動いた事例(1)
~10秒スイッチを続けると奇跡は起きる~

この仕事をして、今年で14年目ですが、
「お金の動き」で最高記録を塗り替える事例に遭遇しました!

詳細はさすがに書けませんが、
奇跡が起きた理由を項目にして、分析してみたいと思います。

先日、劇場型ライティング講座1期(以下、劇ラ講)を受講されている方から、超ド級のシンクロ報告がありました。

国家間の大きな仕事に発展して、
動くお金は数千億……。

この方のお名前は、仮に……恭子さんとしましょう。

恭子さんの経緯は以下です。
少し前、勤めていた会社を辞め、直感で今のお仕事に転職しました。

給料は今までの半分以下になりましたが、迷うことはありませんでした。
これ自体が凄いことです。

===============
✴分岐点1「お金の問題は愛の問題」
===============
なぜなら、数年前、恭子さんは私とのコンサルで
「もっとお金が欲しいです」と強く訴えていたからです。
副業にも強い関心がありました。

ところが、恭子さんに波動測定をかけると、
「愛がテーマ」と出ました。
本当の課題はお金ではなかったのです。

そこから、恭子さんは今まで見ないようにしていた「愛の課題」に向き合い、そこから目まぐるしい展開になりました。

今回の記事では、その部分は省略します。

==============
✴分岐点2 「お金への執着を卒業」
===============
この流れの中、直感で転職し、お給料が半額以下になっても「喜び」を感じたという恭子さん。
いつの間にか「お金に執着する段階」を卒業されていました。

転職先は、海外。
劇ラ講も、海外から受講してくださっていました。

================
✴分岐点3 「10秒スイッチを手抜きせず手書き」
=================
恭子さんは、毎日毎日、10秒スイッチを誰よりも熱心に書き込まれていました。
忙しいはずなのに、手を抜かずにコツコツと。

毎日、細かくメモしつつ、毎晩それらから厳選した10秒スイッチを、グループに書き込むという熱心さ。
その書き込みの量が凄い!
文字数は、受講生の中で1番だったと思います。

================
✴分岐点4 「存在理由×10秒スイッチのレベルがアップ」
==================
劇ラ講では、文章術は教えないのですが(笑)、「自分の存在理由を言語化する」は最初から取り組み、変化させていきます。

その中で、性格分類学エニアグラムのトライタイプを通して、更に別の切り口から存在理由を考え、精査する日々。

存在理由を明確にすることで、「自分の元型(集合無意識から分岐された自分の役割)」が活性化し、それを元に文章を書く。
この1つが10秒スイッチで言語化なのですが、恭子さんは確実にこの精度を上げていく日々でした。

================
✴分岐点5 「自分に合う10秒スイッチの方法を知る」
=================
劇ラ講を受けながら、個別コンサルも申し込まれた恭子さん。
お話しをお聞きすると、恭子さんは「1人ではなくチームで協力することで、最大の力を発揮するタイプ」と判明。

そこで、10秒スイッチも、恭子さんバージョンにアレンジし、チーム力を強化する流れをつくることにしました。

==================
✴分岐点6 「相手に伝わる言葉を考える」
==================
学びに熱心な恭子さんは、更にワンデーの「風の時代のライティング講座」も受講。
いや、劇ラを受講しているのに?

しかし、これが正解だったようです。
「初めて、劇ラの意味がわかりました!」
と、まさかのご感想(笑)

でも、これに満足せず、更に質問してこられました。
「今、チームで動いているのですが、提携先候補にどういう言葉を使えば、集合無意識が動くのでしょうか」

ポイントをお伝えすると、早速チームの皆にシェアして、文章を工夫されたそうです。

その結果が、ポツポツと出始めた、とも連絡してくださった矢先……。

================
✴分岐点7 「アハ体験!存在理由×10秒スイッチの真髄を知る」
================
それから少し経ち、また個別コンサル&ブレインスパをお申し込みされました。

ここで、衝撃のアハ体験をすることになります。

今まで恭子さんからご報告を受けていて「順調だな」と思っていた私。
しかし、恭子さんはこう言います。
「私は皆と比べて現実が動いていないのが気になります」

?????

あれだけ熱心に10秒スイッチをして、確実に成果を出しているように見えていたのに、何このズレ!!!

ここで私はあることに気づきました。
「これは、自己肯定感の問題ではない」と。

見える世界の認識方法が、そもそも根底にある、と。

それが「分解する力」。そして「繋げる力」。
これは思考方法です。

このあたりをお伝えして、恭子さんの存在理由をもとに「どの要素に10秒スイッチをすると存在理由の力が活性化するのか」をお伝えしました。

この時の恭子さんの衝撃は、言葉で言いあらわせないほどです。
「私、初めて10秒スイッチを理解できましたぁ!!!!!」

な、なんと💦💦
あれだけ人一倍、10秒スイッチを言語化していたのに??

しかし、そうではないのです。
あれだけ10秒スイッチをしていた恭子さんだからこそ
「今まで積み重ねた10秒スイッチが突然、1本の線に繋がる」体感に落とし込めたのだと思います。

知識のみだと「ふ~ん、なるほど」で終わっていたはず。
尋常でない量を毎日、劇ラ講に書きこんでいたからこそ、真髄を理解できたのです。

そこからの恭子さんは凄かった❗️❗️
ワーーッ❗️とぶっといエネルギーを放ちます。

翌々日の第4回グルコンの内容が、全部染み渡るように理解できました!
と興奮されていました。

その数日後、冒頭の「ありえない展開で数千億が動くことになりました」と報告くださいました。

その動くきっかけが、まさに恭子さんの「存在理由」に関係のある出来事でした。
そして、個別コンサルで扱った「存在理由を分解した10秒スイッチ」の通りに、物事が急展開したのです。

今まで、恭子さんはお給料をもらっていましたが、別口の案件も動いたことで、更に収入が増えることにもなりました(詳細は書きませんが)。

グルコン前の個別コンサルで、恭子さんは1年後の目標の言語化に「お金が増える」と書いていました。
が、その真意を聞くと、本質は「豊かさ」だと感じ、言葉を変えるようにお伝えしました。

その方が、最適なカタチで、恭子さんが豊かになると感じたからです。

私の理論では、具体的な金額を想定しない方が、想定外のお金が動きます。
言葉に余白を持たせられるからです。
ただ、ここまでの金額が動くとは、私は想像できませんでした。

======================

恭子さんの奇跡のプロセスを簡潔に書いてみました。
こうしてみると「努力は裏切らない」と確信しました。

こういう「お金が大きく動いた」という事例は、ともすると「10秒スイッチをすれば、私もラクしてお金が入るかも」と解釈をされかねません。

しかし、断言しますが、こういう心境の人は100%変わりません。
「救いを求めている」からです。
どんな優れた手法であっても、救いを求めているうちは、変われないのです。

やはり、10秒スイッチの真髄は、自分を信じる力を育てる、です。

それを更に発展させたのが、劇ラ講。
「自分の人生は自分で流れを創りだせる」という確信を得るために、「書けば書くほどシンクロが起きる」レベルまで、存在理由などを多角的に言語化するのが目的です。

===================

それにしても、恭子さんの快進撃で、
劇ラ講は揺れています。
ザワついています。

そして事件は起きた。

「私も真面目に10秒スイッチをしようと思いました!」
という書き込みを見て、思わずツッコミを入れた私。

やってなかったんかい💢~~~~~~~❗️❗️❗️

もちろん、和田アキ〇が憑依したことは言うまでもない。

注意:『シンクロちゃん』参照。私は時々、和田アキ〇が憑依しかのようになります。

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事