お金がかからない女とお金がかかる男の真相

私はお金がかからない女です。
装飾品やブランド物には全く興味なし。

こう書くと、物欲がないように思えますが、
実はそうでもなく、ブランド物を身に着けて「あ、〇〇のね!」と思われるのが嫌なのです。
ブランドの力を借りずに、オリジナルの個性で表現したいのです。
私が求めているのは「独自性」なのです。

旦那さんはお金がかかる男です。
結婚前、私がクライアントで彼がコンサルタントの関係性の時、
「誕生日に、BVLGARIのカフスを買ってぇ~」
と、おねだりしてきました。
結婚してからも、「GUCCIのバッグを買ってぇ~」とか言ってきます。
その他、メガネやら何やら、「買ってぇ~」攻撃です。

こう書くと、物欲に囚われているように思えますが、
実はそうでもなく、彼は身に着けるものを大切な人に買ってもらうことで、愛情を確認しているのです。
彼が求めているのは「繋がり」なのです。
(彼の名誉のために言うと笑、結婚生活にかかる全てのお金を支払ってくれています)

その人が本当に求めているものは、表面からは窺い知れないことがあります。

いつもはお金がかからない私ですが、昨日、旦那さんにおねだりをしました。
一目惚れしたネックレスがあったのです。
一点モノでした。

旦那さんはすぐに買ってくれました。
お金を出す時、何だかとっても嬉しそうでした。

いつもと立場が逆転しましたが、
私は「独自性」が満たされ、旦那さんは「繋がり」が満たされ、
結局のところ、求めていることは変わらないのでした。

おしまい。

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事