7年周期で人生は生まれ変わる

「あの病」が、また私を襲ってきた……。

この数年で、明らかにお金の流れ方の風向きが変わっている。
コロナ禍になるちょっと前から、そんな内容を発信してきました。

世の大きな変化と伴走するかのように、
私自身にもまた「あの病」がやってきたようです。

一昨年から「原点に還る」という予感があり、
それをカタチにしたのが、
2021年から開講した「劇場型ライティング講座」(以下、劇ラ講)。
これは今まで私が出してきた教材と本の集大成になります。

14年前、お金がない目標がない私が、
どうやって別人のようにブレない自分になったのか、という集大成でもあり、原点でもあります。

ところで、私は「7年周期」で人生が分岐点を迎えています。
シュタイナーかは「7年周期説」を唱えていますが、まさに私はピッタリはまります。

例えば。
14年前、法律を捨てて、ゼロから今の流れを創りました。
7年前、せっかく本を出していたのに、ゼロリセットしました。
「1年後に新しいコンテンツを創る」と決め、古い自分を卒業するために、5万円のセッションを3000円に下げ、モニターさんと向き合っていました。
(本を出した著者は普通そんなことはしません)

その年、コンテンツ作成のプロである、
今の夫と出会い、フォレスト出版で
「時空力シリーズ」が始まりました。

つまり、私は7年毎に、「破壊と再創造」を繰り返しているのです。
あれから7年経った今年。
またしても「破壊したい」病が襲ってきました。

ゼロから何かを構築したくてしたくて仕方ないのです。
ド・変態(笑)の集まりの「劇ラ講」ではまだ物足りなく、
全く新しく自分メディアを構築したくなりました。

14年前、朝から晩までブログに取り組んでいた。
7年前、朝から晩まで新しいコンテンツのことだけを考えていた。
エネルギーを一点集中する、あの狂っていた私に還りたいのです。

==========
0.1秒で購入した絵
=========

そんなモヤモヤを密かに抱えていた私。
著者の山口朋子さんが紹介されていた画家の晃世さんに、目が留まりました。

サイトをクリックすると、すぐに目に入ってきた青い龍の絵。
ビビビビビッ!!!
何かの電波を受信し、何も考えずに、0.1秒で「購入」をクリックしました。

後から知ったのですが、その絵はカートアップされたばかりだったようです。

その絵が夏至の前日に届きました。
いやはや、驚きました!
仕事部屋に置くことにしたのですが、壁紙と一致している!


しかも、龍は水が好きなのですが、目の前にはクリスタルファウンテン!
青龍(厳密には緑)は、東を司り、仕事運によいのですが、この部屋は「ド・東」。

何もかもが、しっくりきて驚きました。

それまで、この場所には、
7年前に「未来の自分」に合わせてオーダーメイドした絵を飾っていました。
ですが、7年経ち、すっかりそれは今の自分に馴染んでしまい、
「新しいエネルギーの絵」を欲していたのです。

そのイメージにピッタリでした。


晃世さんによると、この絵は「新しいステージ」「祈り」のイメージがあるようですが、それもピッタリ。

夏至の日に、正式に飾りました。
(以前の絵は、リビングに移動しました)

夏至の日の新しいこの空間で行うコンサルは、
いつもと違うだろうな、と思っていたら、やはり!でした。

今まで以上に深いコンサルになったのでした。

 

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む