お金に裏切らせない秘密

のべ2万人以上の方の人生に関わって思うことは、
お金と愛の本質は似ている部分が多いということです。
お金に裏切られる人は、愛にも裏切られやすい……。
ドキッとしましたか?
もちろん「100%そうだ」ということではなく、
お金の循環も愛の循環も
「自分をどう扱っているのか」の現れ方の本質がとても似ていると思うのです。

自分をどう扱っているのかの答えは「普段のコミュニケーション」に全部出ます。
コミュニケーションの中でも、高度なのは「怒りの表現」だと思います。
喜び、感謝の表現は、意識すれば誰でもマスターできると思います。
ところが、「怒りの表現は苦手」という日本人は多いのではないでしょうか。
因みに私は、色々な方から「絶対に怒らなさそう!」とよく言われます。
昔、反抗的で学校の先生にすぐに口答えしていた私が??
と、逆に驚きます(笑)。
(私は相手を観察して弱点を瞬時に見つけ、的確に言語化するのが得意な嫌な子どもでした。今はその洞察力を才能に変えてコンサルしていますが)

振り返ってみると、10秒スイッチを始めて丸14年経ちますが、「その間に関しては(←期間限定!)」確かに、ほとんど怒りを感じることはなかったと思います。
でも、実はそうではないのです。
厳密に言うと「怒りに成長する初動の時点で処理している」からなのです。
怒りというのは、初動の時点では99.9%、「怒り」ではありません。
「違和感」や「なんだかモヤッとする感覚」です。
10秒スイッチを続けると、自分の無意識の感覚の動きにものすごく敏感になり、ちょっと大げさですが、1秒を1分くらいに拡大させて細かい動きを捉えられるようになります。
ボクシング選手の動体視力がよいのと似ていて、
10秒スイッチを続けると「無意識領域の知覚が上がる」からです。
普通の人が気づかない領域の「僅かな変化」を見逃さなくなるのです。
怒りというのは、
① 初動の「違和感」「モヤッとする」が時間を経て、
② 「我慢」「言いたいことを言えない」を招き、
③ 心の中で自分を責め、相手を責める段階を経て、
④ 溜まりに溜まって、結果的に「怒り」に進化していきます。
① から④までは、最低でも数時間、長い場合にはウン10年の時を積み重ねるのが通常です。
② や③では「悲しみ」「さみしさ」「自分には価値がない」「嫉妬」「劣等感」などの感情を体験します。

もうおわかりですね。
10秒スイッチをマスターすると、「怒り」になる前の段階で気づき、解決できるようになります。

私は99%、①の段階で処理するので、④まで発展しないのです。
そして、ここが大事なのですが、①の段階でどう解決するかというと
「コミュニケーション」なのです。
自分の心の中で内観して納得する、ということはあまりありません。
つまり、私は
「違和感をその場で言葉にして相手に伝える」ことを怠っていないのです。

===============
無意識では自分を低く見積もっていた?
===============
先日、こんな出来事がありました。
私の夫は、札幌に来てから、相性がピッタリ合うビジネスパートナーに巡り合えました。
このビジネスパートナーをAさんとしましょう。
Aさんは若いのに人格が素晴らしく、ビジネスセンスが長けているので、たくさんの社長さんから才能を見込まれ、可愛がられたり、相談されたりしています。
その人脈を惜しみなく夫に注いでくれています。
Aさんを可愛がっているメンター的な1人に、お金がありすぎてもう欲しいものもない、という奇特な方がいます。
その方を仮にBさんとしましょう。

Aさんは、Bさんと組んで、夫ともビジネスを発展させていきたい、と以前から言っていました。
もしビジネスになったら、それこそ億単位の金額が動くような案件になります。
ただ、Bさんは滅多に会える方ではなく、タイミングを見計らってくれていました。
数日前のことです。
その日、夫は夕方からAさんと会う約束をしていて、16時までは家にいると言っていました。

「じゃあ、お昼は家で食べるね」と、私はそれなりに手の込んだ昼食を作りました。
最近、打ち合わせで外食が多い夫なので、栄養も考えて時間をかけて作ったのです。
彩りも完璧にして、「どうぞ」と出すと
「おぉ~!豪華だ♪」と感嘆の声を漏らす夫。
「オレは幸せだな~。作ってくれてありがとね♪」
とニコニコの夫。

まさに、食べようと箸をとった瞬間。
トゥルルル……
夫の電話が鳴りました。
夫「もしもし。え??はい!!今すぐに行きます!」
電話を切ると、興奮気味の夫。
夫「例のBさんが、急に会えることになったって。すぐ行かないと!」
急に落ち着きがなくなった夫、席を立とうとしています。
もはや目の前の昼ご飯には興味をなくしたようです。
キタ~~~~~~~~~~~~~~~~ッ!!!
えぇ。
① が来ましたよ。
来たらすぐに言語化。これ、鉄則です。
私「ちょっと待って。このご飯どうするの?」
夫「え??え……と……うん、5分で食べてすぐに出かける」
来ました、確実に来ました。
私「億のお金と私の手作り料理。どっちを大事にすべきかわかる?」
夫「えっ……」
私「目の前の料理に込められた気持ちを大切にしないで、お金に飛びつくそのメンタルじゃ、Bさんに見抜かれるよ」
夫「な、なるほど……」
私「お金持ちはね、それが目当てで近寄る人に慣れているし、すぐに本質見抜くよ。そんな底の浅さじゃあ、対等にビジネスはできないよ」
夫「う~む」
私「千載一遇のチャンスだと思ったから、すぐに行きます!と行ったんだよね。そこがエネルギー的に自分を下にしているんだよ。滅多に会えないからって、ご飯を食べる時間にいなくなるわけないでしょ。むしろ、Aさんが時間をとってくれるように上手く取り計らってくれているんだから」
夫「そやな……」
私「前から言っているよね。あなたは数十億くらい簡単に動かせる男になるって。だったら、腰を浮かせてないで、ドッシリ構えてな!」
夫「そやな。よし、丹田に力を入れるイメージでいく」
私「自分の価値を簡単に下げちゃダメ。そういう一つ一つの言動に全部出るんだから」
これが一部始終です(文字にすると伝わらないかもですが、フラットな雰囲気の会話でした)。
もしここで私が「そんな大きなビジネスになるようなBさんと会えるなんて!!」と舞い上がり「早く行って来たら」と言ったら、未来はどうなったでしょう。
大金と自分を天秤にかけて、大金の方が価値がある、と暗に認めたことになります。
一見、夫を応援しているようですが、この無意識の「お金と天秤にかけて自分の価値を低く評価する」という選択は、潜在意識に確実に入ります。
すると、夫は「お金を稼いでいるんだから、ちょっとくらいいいだろう」
と、色々なことで私をないがしろにしだすと思います。

最初は些細なことです。
気づかないくらいに。
でも、私の潜在意識が「お金>>私」となっているので、私のあらゆる言動がその大元から発せられ、それが確実に夫の選択を変えていくのです。
ちょっと遅くなりそうだなと思っても、家に連絡を入れない。
「これはお金が動く案件の打ち合わせだから」と思うからです。
私が「お金>>私」と思っていたら、そうなります。

最初は些細なことだったのが、積もり積もれば、取り返しのつかないことになるのです。
これが仮に、億ではなく10万円位の案件でも変わりません。
大事なことは、「目の前の人の想いに気づき、それを大事にできるか」。
金額の条件や損得で動くと、結果的に「お金にも愛にも裏切られる」のです。
人によって、損得の要素は色々だと思います。
例えば、 「ニコニコしていれば、愛されるかも」と条件づけで考えるのも本質は同じです。
それが②、③と移行していき、関係性は絡まっていくのです。
① の段階で解決できるかは、
「自分の本音に気づけるか」。
そして「自分を信じ、相手を信じられるか」。
その土台を作るための10秒スイッチなのです。
こんな風に、①の段階で即座に相手に伝えるので、喧嘩にもならないですし、怒りにも発展しません。
理由もきちんと伝えるので、夫は、私が一度「それは嫌だ、やめて」と伝えたことは 二度としません。
結果的に、私は「いつも私は大事にされている」と安心するのです。
そして「いつもありがとう」と伝えるのを怠りません。
お金にも愛にも裏切られない、10秒のちょっとした習慣、おススメです。
因みに、夫はBさんにかなり気に入られ、今日も会うようです。
Aさん曰く「あのBさんが次を誘うなんて珍しい」とのこと。
夫はBさんの前で普段通りに振るまえたそうです。
あの時、手作りの昼食をきちんと食べてメンタルを調整していったからだと思う私です(笑)。
~おわり~

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事