お金を稼ぐ人への「嫉妬」の真相

「色々学んでいるのに、なかなか稼げるようにならないのです」
zoom越しに聴こえる、洋美さんの声。

今日は6月10日、新月の日です。
洋美さんは、以前、
私の教材で「存在理由」を作成したそうですが、
個別のコンサルでお話するのは、今日が初めてです。

因みに、洋美さんが自力で作成した存在理由には
「笑顔を循環させる」という趣旨が入っているそうです。

洋美さんのお話の要点はこうです。
・コーチングなどで稼ぎたいのに、ブログ経由で有料はお申し込みがない
・人と繋がっても「話しやすい」で終わり、その後の商品購入に繋がらない

一見、起業塾の中で相談する内容にも見えます。
私はもともと、お金が全くない状態からブログを始め、
未来が全く見えない状況からシンクロを起し続け、今に至ります。

以前は「ブログでファンを作る講座」、
今はメンタル面もすべて扱う「劇場型ライティング講座」を教えています。

その関係で、SNS等の記事を読めば、瞬時に
「その方のどこが滞っているのか」わかってしまいます。
文字を通して、メンタルの状態が手に取るようにわかるのです。

私「ちょっとブログを拝見しますね」
洋美さんのブログをサーッと読ませていただきました。

う~む……。
なるほど……。

確かに、洋美さんは1年以上かけて、ブログをかなり熱心に書いています。
きちんと行動はされています。

私「確かに、この記事だと有料のお申し込みはこないと思います💦」
洋美「え~~!どこを直したらいいのでしょうか?」

私は、いくつかノウハウ的なことをお伝えしました。
「その視点は全くなかったです!なるほど~」
感激する洋美さん。

でも……。
私は、真の課題はそこではないと思いました。
洋美さんのブログ全体から漂う「ある印象」が引っ掛かるのです。

更に色々聞くと、以下をお話されました。
・同期の中には、1年目からガンガン稼いでいる人がいる
・私は同じように行動しているのに、なぜ結果が出ないのか?

==============
本当にそれで稼ぎたいのか?
==============

さて、いよいよ核心に迫る質問の出番です。
私「洋美さん。そもそも、本当にコーチングで稼ぎたいのですか?」

一瞬の間のあと、
「うわぁ~~~!!」
と叫ぶ洋美さん。

核心を突かれた、という感じが伝わってきます。

「でも、でも……」
洋美さんは、一生懸命、理由を考えようとしています。
「やっぱり、学びにお金と時間をかけたから、お金を稼がないと、という気持ちがあります」

このセリフ、私は今まで数えきれないクライアントさんから聞いてきました。
「~しないといけない」。
この沼にはまると、本当の望みがわからなくなってしまい、
更に焦って「稼がないと」に囚われてしまう悪循環。

本当の望みを知るには、よい方法があります。
それは「どこに嫉妬するのか」。

但し、「表面上の答えではなく、本質を読み解くこと」が大事です。

私「さっき、同期の方で稼いでいる人がいる、って言いましたよね? 実は、稼げる人には2つのパターンがあります。1つは、”コーチングはニーズがあるし、お金になる”と割り切り、感情を置いてガンガン行動できるタイプ。2つ目は、”コーチングが大好きで、毎日どうやったらもっと上手くなるのか研究して、気づいたら稼げてしまったわ”というタイプ。
洋美さんは、どっちのタイプに嫉妬しますか?」

洋美「う~ん。後者ですね」

私「なるほど。つまり、好きで行動していたら、お客様にも喜ばれ、結果的にお金も手に入った、というタイプですね」
洋美「そうです!!」

私は、コンサルの前半で、洋美さんが言った「ある言葉」が引っ掛かっていました。
そして、洋美さんのブログを見たときに感じた「ある印象」。
これらと、今の洋美さんの「どっちに嫉妬するのか」の答えには、共通点がありました。

私「つまり、今までの話を総合すると、洋美さんは、想いと行動が一致して、相手にその想いを受け取ってもらえて、それがまた自分の喜びになる。この”伝え合う”循環に惹かれるということだと思います」
洋美「そうですそうです!」

私「つまり、真の願いは、互いの想いが通じあう関係性、パートナーシップに通じる部分なのかな、と」
洋美「うわぁ……」

実は、洋美さんは、私の教材で「存在理由」を作成したのですが、どうもしっくりこなくて、やり直したところ「自分の想いを伝える」という言葉が出てきたそうです。
よく聞くと、洋美さんの今までのパートナーシップは「一方通行」という共通点があったそうです。

以前のパートナーの前では、心から笑ったことがない、とも。
自分の感情を、人には出さないようにしてきた洋美さん。
だからこそ、真に喜びの感情でコーチングの仕事をして、想いを受け取ってもらえるクライアントさんがいて、更に感謝のお金までいただける人には嫉妬してしまう、ということだったのです。

洋美さんのブログ全体から感じる想いは、「私の気持ちをそのまま出すと、人には受け入れてもらえない」という寂しさの感情でした。

そして、せっかく学んだコーチングだから、元をとらないと!
という思いで「稼がないと」と自分を追いこんでいたのでした。

行動すればするほど、チグハグになるわけです。
でも、本当の願いは??

今一度、ここに立ち戻るタイミングのようです。
聞くと、洋美さんは、以前、ある職場で仕事をしていた時、楽しいと思えることが多かったそうです。
今もそこに関連している仕事を、時間を区切ってしています(コーチングは副業)。
時間を区切っている仕事は、体力も必要で、年齢も考えると「コーチングで稼がないと」という気持ちになっていたそうです。

私「いったん、ご自身の本当の願いを意識して、生活することを優先しましょう。そのうえで、コーチングをしたい、と思えた場合、新しくブログを作り直しましょう」
と提案しました。

洋美さんは、娘さんの前だけは、気を遣わないで自然体でいられるとのことでしたので、まずはそこから「想いが通じ合う」を意識しましょう、と。

==================
お金を稼がないと!の奥にある本当の気持ち
==================
それから5日経った6月15日。
洋美さんからこんなメッセージがきました。

「あれから、動いています!娘との関係が変わったのです!以前から仲はよかったのですが、踏み込んだ関係ではありませんでした。でも、なぜか娘の方から、好きな人のこと、今まで仕事が嫌だったけれども、気分よくできるようになった、など話してくれるようになったのです」
「あと、臨時収入が入ってくることになりました!」

たった5日間で変化した理由。
それは、洋美さんが「お金を稼がないと!というプレッシャーから離れて、本当の気持ちを認めたから」です。

お金の願いは、99%、お金以外のところに真相があります。
是非、洋美さんの事例を参考にしてみてください。

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事