お金の流れをよくする「嫉妬」との向き合い方

以前、ある方からこんな内容を相談された。
「人からのマイナスの波動、嫉妬から守るために、何をしているのか教えてください」

私は驚いた。
この方の質問の大前提に
「人からのマイナスの波動から身を守らないといけない」があるのを感じたからだ。

実は私の中に、その大前提が全くなかったので、面食らったのだった。

もちろん、「嫉妬」や「マイナスの感情」が世の中にあることは知っている。
確かに、本を出したり、SNSで発信していくと、母数が増えるので、確率的に自分をよく思わない人が出てくるのもわかる。

わかるよ、わかる。
芸能人を週刊誌が追いかけるのも、同じ原理だ。
持ち上げたと思ったら、ちょっとした事の揚げ足をとり、叩き落とす。
こんなのが日常茶飯事のメディア。

そういう悪意が「ある」のはわかるけれども、それから身を守らないといけない、と思ったことが一度もなかったので、驚いたのだ。

私は、その方にこう答えた。
「私、何もしていないんですよ」

その方は心底、驚かれていた。
それでも食い下がり、色々と聞かれたので(その方の周囲には、エネルギーや波動に敏感な方がいるので、真剣に質問されている)、
何か気の利いたことを言えないことが大変申し訳なく、ひねり出した。

「え……と。エネルギーに敏感な私の夫は、毎日、神棚に祈っています。そこでご先祖様からの応援をもらっているようですよ」

そしてこう付け加えた。
「因みに、私もやった方がいいと勧められ、そうだなと思いつつ、一度もやったことがないです」

その方は驚かれ「では、10秒スイッチだけですか?」と質問された。
ので「そうです。それしかしていないです」と答えた。

==============
同業者の嫉妬になぜ影響されるのか
==============

体質的なことを言うと、私はエネルギーに超鈍感なことも関係しているとは思う。
敏感な人は確かにいて(HSPの方など)、それは才能だったりするので、
そういう方は「影響を受けない工夫」は確かにした方がよいと思う。

なので、そういう体質的なことは脇に置いたうえで、の話になるのだけど……。
ネガティブな波動は確かに世の中に「ある」のだろうけど、そこに影響力を持たせるかどうかは「選択」だと思う。

どこに意識を向けるかは、自分が選択できるのだ。

先日、「お金の流れをよくするグループコンサル」だった。
まだ1回しか開催していないのに、既に過去最高の高額商品が売れた、とかワークをやったらお金が動いた、などのご感想をいただいている(少人数でやっているので、かなりの高確率だと思う!)。

で、ある方のお話を聞いていて、「他人からの嫉妬に影響されている」と感じた。
その方は、過去最高の高額商品が売れ、今後更にどの方向に行くべきかを相談された。

その方が気にしているのは、「同業者」なのだ。
同業者と比べると、その方はかなり成功している方だと思う。
でも、本当はもっといけるはず、という思いもあり、実際にその方のポテンシャルとも一致する。

グルコン前のペンデュラム鑑定では、「実際のお金の器と、潜在意識で許可している金額にズレがある」と出ていた。
そして、その方に必要なのは「なぜもっと仕事を拡大したいのか、動機とビジョンを明確にすること」と出ていた。

実際のお金の器は、その方が今稼いでいる金額とピッタリ一致していた。
ところが、潜在意識は、ものすごい低い金額を設定している。
でも、本人は「もっと稼ぎたい」と思っている。

この状態で、この方は飛躍できるだろうか?

答えはノー。
まずは「現実のお金を生み出す器」と「潜在意識」がズレているので、一致させることが先。
一致しないのに、「もっと稼ぎたい」と思っていると、ズレが足を引っ張ってくる。
例えば「そんなの無理だよ」という外野の意見に引っ張られたり、別のところで出費して、本業に意識が向かないようになったり……。

この方がなぜ「ズレ」ているのか?
その理由が「同業者からの嫉妬に恐れている」から。

私は答えた。
「どこに意識を向けるべきなのか?それだけですよ」

「私自身は、同業者に全く興味がないです。人の手法にも興味がない。興味があるのは、皆に役に立つコンテンツを生み出すことだけです。それしか考えていないです」

「あなたも、このグルコンにお申し込みした時、何が得られるかとか、考えて申し込まれたと思うのです。講師が同業者のことを気にして、嫉妬されないように、自分の実績を隠すのって、受講生さんにとって、意味がないですよね?むしろ、実績を知りたいし、自分がどう変われるかに関心があるはずです」

その途端、その方は「あ!わかりました!」と納得された。

この方の今後の方向性は、①お金の器と潜在意識を一致させ、②そのうえで、その器を育てていく、になる。
実際、ペンデュラムで鑑定すると、①が一致させられれば、1年後の年商は上がっている、と出ていた。

================
私が嫉妬で足を引っ張られた過去
================
この方の事例のように、お金の流れと「嫉妬」は、確かに関係してくる。

ここで、セミナーでよく話す私の事例を紹介してみようと思う。

14年前、ブログを始めて少し経った頃、電子書籍を販売することにした。
今みたいに、kindleなどない時代。

ところが、それに嫉妬したネット界の大物がいた。
そして、私に無実の罪を着せて、炎上した。

詳細は省くけれども、私はその炎上の流れを活かして、ファンを増やした。
確かに、一瞬、ネガティブな感情になった。
けれども、10秒スイッチをして半年で培われた「ニュートラルな感覚に瞬時に戻す」が功を奏し、あるアイディアが浮かんだ。

その結果「今、いきなりアクセスが増えている中に、将来、ファンになる層がいるはず」と確信し、「自分を必要としている人だけに発信する」と肚をくくった。

その結果、ファンが増え、電子書籍は売れ、翌年、セミナー講師になり、個人セッションをするときの流れができた。
急激にお金の流れがよくなった。

そして、今の私がいる。

あの時、私は「他人からの嫉妬を、どのようにして自分の才能を発展させる力に変えるのか」を学んだ。

意識を、「嫉妬に対抗、防衛」に向けるのか、
「自分を必要としている人」に向けるのか。
ただそれだけ。

つまり、あの時に私は「プロ」として生きることの覚悟を決めたのだった。
その途端、その出来事、私に罠をしかけた人は「感謝」の対象でしかなくなる。

====================
自分がやりたいことをしている人に嫉妬する
====================

ちなみに、私に嫉妬した人物。
なぜか?はわかる。

彼も本当は、私と同じように、自分のコンテンツでお金を稼ぎたかったのだ。
でも「無料で教えるいい人」の地位が確立されてしまい、そこに縛られ、本心の通りに選択できなかったのだ。

彼はその後、私に対抗すべく「自分は、無料でよい内容を発信できて結果が出せる」と躍起になっていたようだ。
それはそれでいい。その情報で救われる人もいるだろう。

でも、潜在意識の観点では、
「本当の自分の気持ちに気づき、それを選択していいと許可すること」が最善。
それが、現実と潜在意識を一致させていく、
自分と言葉を一致させていく、ということなのだ。

私は「お金をいただくプロ」として、この14年間ずっと、新しいコンテンツを生み出し、才能を伸ばし続けることだけに意識を向けてきた。



昨年、久しぶりに「彼は今?」と思い、検索してみた。
なんと、彼は、14年前と打って変わって、個人セッションを販売していた。

よかった。
自分の本当の気持ちに正直になり、行動に移したんだね。

人は誰でも、人生のどこかで「本当にやりたいことは何か?」に向き合うようになっているのだ、と思った。

本当に向き合ったとき、「嫉妬」は全てそこに辿り着く応援でしかなかった、と気づくのだと思う。

~おわり~

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事