未来の創り方には2段階ある

◆未来の創り方には2段階ある
ちょっと意識を変えたら、未来は変更できる。
今日はそんなコンサル事例をご紹介します。

多くの方が「こうなりたい」と願いながら、上手くいかずに
「やっぱり私はダメだ」という誤ったセルフイメージを強化して、人と比べて責めたり羨んだりしがちです。

この段階で終わる人も世の中には多いのですが……。

「それでも、自分の可能性を信じたいです」
「どうしても実現したいことがあるのです!」

そういう方が私のコンサルにお申し込みをしてくださいます。

数千人もの方をコンサルして、私が率直に感じることはこれ。
「その願い、普通に叶いますよ」
「余裕ですよ」

但し!
条件があります。

「段階を踏んで順番に進めていくこと」

アタリマエのようですが、どういうわけか、
多くの方が「早くゴールにたどり着きたい!」と、プロセスをすっ飛ばしてしまいがち。

そして、行動しているはずなのに、空回り……。

これ、実は能力のあるなしではないのです。
「長期的視点」、そして「細かくプロセスを分解できる力」があるかないか、だと思います。

この2つがないと、
「どこでもドアを開けたら、理想の未来になっていた」という状況を求めてしまいます(ラクして実現したい願望)。

スピリチュアルにはまるタイプには多いかも?

でも、美味しい料理って、材料の切り方から始まり、下ごしらえとか、調味料の配合とか、火のかけ方とか、細かいプロセスの連続で出来上がりますよね。
お湯をかけて3分でできるインスタントラーメンとはわけが違います。

自分の可能性が最大限に発揮されている未来のためには、美味しい料理と同様、全てのプロセスを、心をこめてクリアしていくことが大事なのです。

================
第1段階は、自分と言葉を一致させる
================
さて、その未来の創り方のプロセスです。
絶対にすっ飛ばせない「第1段階」。

それは、「自分と言葉を一致させる」です。
別の表現にすると「自分の内面で感じていることを理解して、言葉にできること」です。

恐らく多くの方が、ここで躓くのです。
(なので、第1段階も更に細かく分解できる)

というのも、本当の願いでないことを願ってしまうことが多い!から。
起業家が判で押したように「月収100万円」を目指すのもそうです。
それがこじれると「~しないといけない!」で苦しみ始めます。
例えば、これまた起業系でよく言われる「毎日記事を書かないと売り上げが上がらない」もそうです。

しかも、SNSの種類は増える一方。
やれインスタだ、やれTwitterだ、やれメルマガだ……。
……それ、疲れません??

いや、やりたいのなら全然OK。どんどんやっちゃってください!

でも。
書きたいのではなく、「~しないといけない」になったなら要注意です。
自分と言葉が一致しなくなる最初の一歩を踏み出してしまっているから。
一度踏み出すと、これは拡大してしまいます。

この末期になってから、私に相談しに来る方が多いので、この絡まりをほぐすのに、かなり時間がかかります💦

第1段階の「自分と言葉を一致させる」はそれほど、大事なのです。
ここをクリアすると、第2段階はスムーズになります。
(とはいえ、長期視点は大事です)

=============
即興演劇をしている涼子さん
=============

「自分と言葉を一致させる」。
この肝の部分を、まさに体現されている方がいらっしゃったのです!
先日、即興演劇やショーをされているパフォーマーの涼子さんがコンサルを受けてくださいました。

本来は3週間ほど前に予定されていたのですが、
なぜか直前に波動測定器が動かなくなりました💦
(私は①波動測定器でその人の課題を言語化してから、②コンサルをして、③コンサルで扱った課題をブレインスパという最新の脳機能アップさせる機械を使います)

たまにあるのですが、こういう時は、クライアントさんの未来に大きな動きが出る直前に起きる場合が多いです。

私は波動測定器とブレインスパを繋げて使っているので(そうすると遠隔でも効果が出る)、その日はブレインスパをするのは諦めました。

涼子さんには、「機械を使うのは次回にして、今回はコンサルのみしましょう。次回は、コンサルもサービスして、その後ブレインスパにしましょう」と提案させていただきました。

次回までに、涼子さんが望む未来を実現するために、どんなワークをするとよいのかを提案しました。

====================
「他人への恐れ」が波動測定に出た!
====================

そして、3週間後。
コンサルの前に測定するのですが、今回は、波動測定器が動きました!
ホッ!よかった……。

しかし、その結果に驚きました。
というのも、初めて波動測定器をかけると、たいていは凄い量が表示されます。
赤字で表示された言葉が、「今の課題はコレ」と教えてくれるのですが、
初回は大体100個以上は出ます。

が。
涼子さんは2つだけ。
「他人への恐れ」「幻覚」。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

これは、大まかに言うと、
他人への何らかの恐れを抱いているが、それは幻覚。
それに気づいて手放しましょう。
みたいなメッセージです。

コンサルの時間になり、涼子さんに波動測定器の結果をお伝えしました。
「初めての方で、こんなに少ないのは稀なんですよね」

この3週間で何かあったのではないか?
私はそう思いました。

涼子さんのお話しをお聞きして、
まさにそうだったことが判明しました。

これは私の感覚ですが、
演劇をする人というのは、「言葉と存在が一致していること」を相当レベルまで求められると思うのです。
存在と言葉によって、場を創るのは、本当に純度の高い部分まで、自分の内面を掘り下げないとできないと思うからです。

私はこれまで、即興劇やらプレゼンやら、人前でパフォーマンスをする色々をかじってきましたが、プロと私とでは、全く次元が違うことを、いつも実感してきました。

やはり、涼子さんもそうでした。
昔、涼子さんが仲間と舞台でパフォーマンスをするとき、先輩に前日にこう言われたそうです。
「あなたは自分を誤魔化している。そんなあなたと、明日、一緒の舞台には立てない」

ひぃ~~!!!
なんて厳しい世界💦💦

そう言われて、涼子さんは、必死に自分と向き合い、当日に間に合わせたそうです。

演劇のプロの世界って、ほんと誤魔化しがきかないのですよね。
純度の高いところで、表面ではなく「自分と言葉を一致させ」ないと、周囲に即バレる。
恐ろしい仕事!(『ガラスの仮面』のセリフ”恐ろしい子!”の発音で)

そう私は思います。

涼子さんは、この3週間、激動の日々を過ごしていたと言います。
とことん、本当にとことん!
自分の内面とそれを言葉にすることに向き合っていたそうです。

その結果、辿りついたことがあったと。
「もう手放していいのではないか」
ということもいくつか明確になったのだそうです。

私は、その「内面と言葉の一致感」が波動測定に出たのだと思いました。
3週間前に、波動測定器が動かなかったことで、ブレインスパは延期になり、その期間取り組んできたことの答え合わせがなされた。

そんな風に感じました。

====================
第2段階は、自分と世界を一致させていく
===================
第1段階をクリアした涼子さん。
第2段階は何か?
それは「自分を世界と一致させていく」ことです。

第1段階は「自分と繋がる」ことを徹底的に求められ、
第2段階は「その自分が世界と繋がる」ことが課題になります。

自分が世界と繋がり、一致していくとは?
人それぞれですが、涼子さんの場合、「本当に伝えたいこと」を、
遠慮せず、自分を低く見積もらず、純度の高いまま発信すること。
に尽きるのではないかと思います。

*図にしてみました。①は第1段階、②は第2段階です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ここで、涼子さんのSNSの過去の記事を確認してみました。
文章が、まだまだ遠慮している!
そう私はお伝えしました。

「はい。私は本来伝えたいことにコーティングしていると思います」
ご本人もそう仰っていました。

それが、波動測定で出た「他人への恐れ」「幻覚」の理由でした。
次の課題はそこ、と教えてくれていたのです。

内側の「自分と言葉が一致している」を構築して自分自身のど真ん中と繋がってきた涼子さん。
今度は「そのど真ん中」から、外側に向かって、遠慮せず自分を放つ。

そうすれば、放物線を描いて、世界の向こう側から涼子さんに贈り物が届けられるはずです。

ここまでを明確にして、ブレインスパを受けていただきました。
ブレインスパは33分音楽を聴くだけですが、人それぞれ反応が違います。

閃きが怒涛のように溢れて、ビジネスの方向が言葉でわかる方もいますし、
課題となっている相手の人の気持ちがわかって涙したり……。

その方の一番「らしい」ところが刺激され、「本来の姿」が強化されます。

果たして、涼子さんの場合は??

さすが、演劇をされる即興パフォーマーです。
音楽を聞きながら、カラダが勝手に動き出したそうです。

カラダが次の動きを知っていることを信じてみる中で、カラダの重心が整っていったそうです。

================
ブレインスパをして脳が整った?
================
33分のブレインスパが終わった後に、2回目の波動測定をしました。

ブレインスパをすると、「脳が整う」ので、どう変化したのかの確認のためです。
結果……。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

整いすぎ!
笑。

真っ白になりました。
つまり「真に自分自身と言葉が一致して、内面と外側に放つものも一致した」のだと思います。
涼子さんの場合、カラダを動かしながら、それがなされたのだと思います。

涼子さんは今、2025年に3万人を動員する「大人の祭り」を開催する未来を描いています。
長期視点を持ちながら、ご自身を表現していくことで、確実に未来に近づいていくことと思います。

~おわり~

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事