時代を駆け抜ける若者たち

「ワッホーイ!!」
背後から、陽気な若い男性たちの叫び声と共に、
ゴゴゴゴゴゴゴッーーーーという爆音。

後ろを振り向くと、スケボーに乗ったパリピ風の若者集団が、私たち夫婦の側を駆け抜けていった。
10人はいるだろうか。

ちょっとした暴走族?

ここは、「狸小路」のアーケード。
札幌の街を横長に伸びる商店街だ。
少しずつ人の流れが戻ってきているものの、20時近くなると人もまばらだ。

スケボー集団は、オラオラオラ~!!
とばかりに、勢いがいい。
商店街の横のシャッター素材の壁に思い切りぶつかり、Uターンしてみたり、やりたい放題。

確かに人はまばらだけども、危ない。
何より、ここは人が通る場所。

「注意するやつはおらんのか!」
腕組みをして憤慨する男が1人。

夫(笑)

見た目は40才過ぎ、口ヒゲの風貌。
腕組みしている顔はなかなか貫禄がある。
しかし、目線を首から下に落とすと、
Tシャツ、短パン、ポーチ、靴下……全てにスヌーピーが入っている。

ひょっとして、この男はスヌーピーが好き??

私の少し手前で、スケボー集団が暴走しながらUターンしている。
確かに、誰も注意しない。
ことなかれ主義なのか?

と思っていたら。
「おい、にーちゃん達。迷惑やで」
と男が口を開いた。

その瞬間、パッとこっちを振り向いた若者が、すごい勢いで逃げていった。
その早さたるや!

しかし、私は10秒スイッチ名人だ。
0.1秒の瞬間を逃さない(笑)。

男が「おい」と言いかけた瞬間、若者2人が振り向いた。
意外なことに、若者の目は怯えていた。
凄く小さな声で「あ、すみません」と言いかけながら、
2人とも超速で逃げていった……。

「おい」の続きの「にーちゃん達。迷惑やで」を
男が最後まで言った時には、もう遥か彼方に2人は逃げていた。

……。
逃げ足はやっ!

全身をスヌーピーで包んだ男は、意外にも迫力があった(笑)。

それにしても、男も私も、30年以上前は、こんな風に注意される側だったと思う。
あの若者たちも、10年経てば、子供を連れてこのあたりを歩いているかもしれない。

1873年には既に存在していた歴史ある「狸小路」を歩きながら、
時の流れを感じた。
色々な人を包み込む狸小路の懐の深さも同時に感じた。

10年後。
男はまだスヌーピーの洋服を着ているだろうか?
笑。

佐藤 由美子

佐藤 由美子株式会社officeハーモニー代表

記事一覧

12000人の人生を変えたコンサルタント。「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む