ブログ

大好きなあの人から連絡が来ました【奇跡が起きた日】

◆東京対面セッション枠について
11月は埋まりました。ありがとうございます。
12月は、以下の日程で行います。
コースは「1時間半コース」と「3時間コース」がございます。
概要はコチラをご覧ください。

★12月16日 ①14時半~16時 ②16時半~18時 ③18時半以降
★12月17日 ①18時半以降
★12月18日 ①18時半以降
★12月19日 ①16時半~18時 ②18時半以降

◆福岡対面セッション枠について
★12月2日 ①16時半~18時 ②18時半以降
★12月4日 ①16時半以降~18時 ②18時半以降
★12月5日 ①18時半以降

☆お申込み先:info#izumi88.com (#を@に変えてください)
=================================================

他の誰でもない。
「あの人」でないと意味がない。

どんなに「好き」と言ってくれる人が多くても
「あの人」でないと意味がない

傍にいてほしいのは
「一番好きな人」

時には、何かを紛らすために
他の人や二番手で遠回りしたこともあったけれども
一番会いたいのは、「あの人」。

そんな経験はありませんか?

昨日、東京養成講座第7回が修了しました。
4か月コースのこの講座は来月10回で修了します。

新しくリニューアルした講座では、
「人の心に響く言葉を相手に伝える」
というコミュニケーションを多く扱っています。

使う言葉によって、相手の受けとる印象は全く違います。
メールでは、リズムや文章の順番が大事ですし、
話し言葉では、声色や間のとりかたも大事です。

でも、そもそも「どんな言葉」を選択するのか?
これは、「相手」をよく観察しないといけません。
相手が「どのような距離感」を理想としているのか。
そこまで観察して、初めて「どのような言葉」を使うのか、
が決まります。

そんなことを受講生さんは、
9月からワークや宿題で学んできました。

そして、昨日遂に「奇跡」が起きました。

詳細はお伝えできないのが残念ですが、
受講生さんの念願が昨日、ついに叶ったのです!

9月の受講当初は、ご本人曰く「最悪の状態」。
連絡があまりとれなくなっていて、相手の気持ちもわからない。

どんなメールを出していいのか、見当がつかない。
「あの人」とどうしても、もう一度会って、そして・・・。

それがその方の受講動機でした。

講座では、お相手の性格、など色々お聞きしていき、
受講生の皆さんが一丸となって(笑)、アイディアを出しあいました。

どんなメールの文章を書くのか。
とのくらいの距離感を意識するのか。

一喜一憂することもありました。
もうダメと思ったこともあるそうです。

分岐点は、11月18日の満月の周辺でした。
満月の日、私はFB記事で「白い鳩」をモチーフにした
「魔法の言葉」をアップしました。

実はこの「白い鳩」は、「あの人ともう一度・・・」
と願う受講生さんからいただいたモチーフです。

前日に「真っ白い鳩」を見かけた、ということを、
受講生さんが満月の夜、掲示板に書き込まれました。

講座では「場に起きていることには全て意味がある」
ということを学んでいきます。
そして、外側で起きる現象を、内側の投影として、
その繋がりを解き明かしていきます。
この方の場合、白い鳩を見た直近で「思いがけない人からの連絡」が来ました。

このあたりは感覚ですが、私は、
白い鳩は「急変する」ことのシンボルのように感じました。
奇跡はいつも、思いがけないタイミングでやってくる。

なるほど・・・。
これにインスピレーションを受けて、
「読んだ人に奇跡がおきてほしい」
と願い、書いたのがFB記事でした。

◆そして、その6日後。
本当に奇跡は起きました。

昨日の講座の午前中、「相手を知る」というワークをやっていたのですが、
その中で、受講生さんは「相手の価値観」をどんどんわかっていったのです。
そして同時に自分自身の価値観も明確に。

奇跡が起きたのはそのすぐ後でした。

あれほど「会いたい」と思っていた「あの人」から、
受講生さんに「会わないか?」という趣旨のメールが届いたのです!

その場に居合わせた皆さん、一同「エ―――――――ッ!!!!」
の大合唱(笑)

その方が、この3か月間、全エネルギーをそのことにつぎ込んで、心から願っていたことは知っていたので、祝福の嵐となりました!

奇跡は起きる。
ありふれた日常の
時間と時間の隙間で
人の心がふと素直になる瞬間。

そんな時、
あなたの気持ちが届き、
そして、相手の心が動き出すのかもしれません。

その奇跡を繋ぐのは「相手に届く言葉」。
言葉は、まさに人生を変えるのです。

そして一番の要素は「強く意図して、日々、そこにエネルギーを注ぐ」
ということでしょうか。
受講生さんの努力は、本当に涙ぐましいものでした。
ちゃんと積み重ねている人には、奇跡は起きるのです。

養成講座では、いつも期間中に、
誰かが奇跡を起こすのですが、
昨日は本当に感動の一日でした!

アシスタントの本郷一郎さん、まつおりのさんもありがとうございます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る