ブログ

10年間物置を片付けられない人への「魔法の言葉」

今日は動画をご紹介いたします。
2月の出版の際、amazonキャンペーンで使用した動画のごく一部です!

あ!9月7日~8日の東京セミナーの詳細、
ようやくもう少しでアップできそうです。
キーワードは「被害者ポジンションからの卒業」ですが、
本質的なテーマは「相手を受け入れる」「自分を受け入れる」になります。
1日目が「相手を受け入れる」、2日目は「自分を受け入れる」にして、
2日間かけて「人生を好転させる魔法」を体感していただこうと思っています!

以下は、動画の解説です!
=========================================================

~物置を10年以上片付けられない人の本当のテーマ~
私のお伝えしている「魔法の言葉」とは、
“心の抵抗をとる言葉“です。

例えば、月収15万円で、更に自分の未来に不安を抱いて自信がない人の場合、
「私は年収3000万円になる」と宣言しても、
「そうはいっても、どうせ私なんて・・・」
と心の抵抗が出るのが普通です。

ここに、アメリカ式のポジティブ思考を無理に取り入れても
心の抵抗が増え、どこかでストレスを感じてしまいます。

そこで、心の抵抗が起きないようにする、
という私の手法になるのですが、
このためには「自分(人)を正確に理解する」
ということが必要になってきます。

これは、普段の人間関係でも、恋愛関係でも同じです。
相手を正確に理解する。
自分を正確に理解する。
これができて、コミュニケーションというものが成り立ちます。

◆拙著『世界に1つあなただけの魔法の言葉』では
Step2までを中心に解説しましたが、
実は本当に大事なのは「Step3」です。

今年2月、出版前に札幌でQ&Aの動画を撮りました。
まさに「Step3」を扱っていますので、動画の一部を公開いたします。

物置の片づけを10年以上できなかった、という方。
以前、私の養成講座生の無料モニターセッションを受けられたそうですが、
そこから色々気づいてきたと言います。

さてさて、この方へアドバイスした、最後の「魔法の言葉」は何だったのか?

自分のために「魔法の言葉」を作りたい方は、
この方の気づきの過程が、とても参考になるはずです。
この方の本当のテーマは、動画では明言していませんが、
何なのかな?と考えることで、何か気づきがあるかもしれません。

もう一つ。
養成講座生にとっての、この動画の見どころ。
それは、相手をリラックスさせ、本音を話したくなる「場」を設定する。
話しながら、相手の感情が動いたり、本音が出るポイントを探っていく。

それを引き出す技術を学ぶのが「魔法の言葉」コンシェルジュ養成講座です☆
これを学ぶと、人間関係、恋愛関係であれ、相手を理解できる「器」ができあがっていきます。

◆ところで、動画を見直して、一番感じたこと。
私、太ってるーーー(爆)!
今より7キロ太っているので、ちょっと見苦しい(汗)。
あと、まつ毛エクステが目に入って痛いのか、目をシバシバさせているのがウケました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る