ブログ

8人目の認定コンシェルジュは出版コンサルタント

9月から東京から開講する、バージョンアップした「新・魔法の言葉 養成講座」の募集が始まっています。
養成講座では、自分自身にも変化が起きることはもちろん、
「クライエントさんの人生を劇的に変える魔法のかけ方」も学びます。

毎回、最終回に辻褄を合わせるかのように、皆さんに「想定外の変化」が起きるので、
私がいつも驚かされています!

講座が終わった後に、無料セッションをこなし、試験を受けられ合格した方は
「認定コンシェルジュ」としてプロになります。

  ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

先週、8人目の認定合格者が誕生しました!
この講座初!の男性の「本郷一郎」さんです。
昨年の福岡講座(第5期)に、わざわざ横浜から通われました。

サイト:http://happyhacks.com/

職業は「編集・ライター」「出版コンサルタント」。
いわゆる業界の方ですので、同期の人から「小洒落た東京の人」として羨望の眼差しを受けていました(笑)。

そして、この経歴がまさに「言葉の魔法を使いこなす」にはピッタリなのです。
私の講座では、「言葉のチカラを使って、人生を変えていく魔法」を学びます。

具体的には
①「その人の人生で出来上がった思考のクセ」を、心に抵抗が起きないような言葉や質問術を使って、自然に引き出し
②その人の過去と現在を、心に響く「抵抗が起きない言葉」で表現し
③更に、その人の未来に変化が起きる「暗示的な言葉」を使って、人生が動き出すように仕掛けをする

こういう一連の技術を学びます。

要するに、「人の心の深い部分に水のように入っていって、その人の心を癒し、それだけではなく、その人の未来が最善になる魔法をかける」というわけです。

一番の肝は、私の講座の中心テーマである
「心に抵抗の起きない言葉を選択するセンス」です。

心の抵抗というのは、人それぞれです。
親から受けた影響、様々な出来事によって、心のクセは様々だからです。

このマニュアル化できない部分を感じ取る「感性」こそ、
私の講座ではもっとも重要視しています。
毎回、「洞察力」「直観力」を訓練するのは、それが理由です。

しかし、更に重要なのは、「感性」で感じ取ったことを、言葉に変換する能力です。
私の講座が「右脳と左脳の統合」を謳っているのは、
「感性」と「言葉の変換力」の両方を大事にしているからなのです。

言葉に変換する能力が必要になるのは、
最後につくる「魔法の言葉」の場面だけではありません。
クライエントに対する「質問」を選ぶセンスだったり、
ちょっとした「共感」の言葉の選び方、更には間合いの取り方とか、
一連の流れのすべての場面で必要です。

   ・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

本郷さんが今までされてきた「ライター」のお仕事は、まさにこの資質を発揮します。
相手の本音を引き出す「インタビュー技術」は、まさに洞察力と観察力という「感性」があってこそですし、
それを記事にまとめる能力は「言葉に変換する力」そのものです。

職業柄、この部分を既に身につけられているわけですから、
魔法の言葉を作成するコンシェルジュに適任としかいいようがありません。

先月も、福岡7期にアシスタントとして参加されましたが、
じーっとクライエントの方のお話を聴いていて、
たった一つ鋭い質問を投げかけることで、
クライエントさんが深い気づきを得る、という場面を目撃しました!

う~ん、鮮やか~!と思いました。

今後のご活躍をかなり期待しています!
9月21日から東京で、養成講座の内容・回数がバージョンアップされて「新・養成講座」が4か月間、始まります。
本郷さんは、そのアシスタントとしても参加されますので、私もかなり心強いです!

新・養成講座では、
「意図的にシンクロを起こす方法」や「外側の出来事からメッセージを読み取る」など、直観力アップを重視したワークを増やします。
また、
「相手を深いレベルで理解するコミュニケーション」や
「相手の心を掴む言葉の使い方」など、
今までより深化した内容を扱います。

ご期待くださいませ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る