ブログ

お金を生み出す力は「何度でも」訓練できる

お金というのは、人を悩ませたり、人を喜ばせたり、人を振り回したりもします。
お金を通して、その人の価値観や生き様が透けてみえるものです。

実は私は、昔から「私は一生お金に困らない」と確信しています。
お金に余裕があったわけではなく
むしろ真逆で、ものすごくお金がない頃から、ずっと思い続けていました。

今日はその秘訣をお話ししたいと思います。

貯金は月5万円

先日、旦那さんと一緒に、今後のライフプランを設計する凄腕のコンサルタントの方にお会いしてきました。

旦那さんはその方と既に何度も会っていますが、私は初めてでした。

その方は、何千人もの夫婦のお金の流れを、ずっと観察してきた凄腕の方です。
少し話を聞くだけで、統計的なパターンが全部わかってしまい、その人のお金を通した未来がわかるようです。

なので、その日は「杉本さんの奥さんである佐藤由美子という人物の、お金への感覚を観察する」という目的だったのです。

いきなり私の身辺調査が始まりました。
話の流れ上、私が高校を卒業してすぐ、2000円だけ持って、札幌から東京へ家出した話になりました。

5年間帰らず、15万円の給料のうち、家賃5万円を払い、1カ月に最低5万円の貯金をしていた、という話にもなりました。

その時点で、その方は即座に
「杉本さん、あなたラッキーだね。この奥さんといたら、杉本さんは一生お金に困らないよ」
と驚いていました。

単純に、表面上の貯金できる力を見ているというより、私の生命力の逞しさを全部、見抜いたようでした。

実はそうなんです。
私はあの、家出して人生で一番お金がない時に「私は一生、お金には困らない人生になる」と確信したのです。

そのことを一切言っていないのに、私のその世界観を一瞬で見抜いたそのコンサルタントは、さすが凄いなと思いました。

家賃は5万円

なぜ、一番お金がない時に、「お金に困らない」と確信したのでしょうか。

それは、「工夫する力」「創造する力」をトコトン鍛えた時期だったのです。

例えば、最初は家具を買うお金もないので、大型ゴミ収集の前日の夜に、ブツを物色しに行ったものです。

大きな机、棚・・・立派なまだ使えるモノがそこら中に溢れていました。
大きなものは、ものすごく重かったのですが、深夜に一人、ウンウン唸りながら、安アパートに一人で運んでいました。

相当に怪しい景色でしたね(笑)

そして、見た目がバラバラの拾ってきた家具に統一感を持たせるために、ペンキで塗ったり、木の切れ端で棚を作ったり、「高く見えるように工夫」しました。

当時、私の部屋の中には、拾ってきたモノしかありませんでしたが、
自分で言うのもなんですが、結構オシャレな空間でした。

お金がないからこそ、知恵を使って工夫できることこそ「最も豊かなこと」である、ということを腑に落とせました。
今から考えると、とてつもない財産をその時に私は得たのだと思います。

その時の初心を忘れないために、何十年か経ち、今の仕事になり、月収500万円を超えても、家賃はあの時のまま「5万円」を選んでいました。

工夫こそが豊かさ

そんな背景があり、家出してから約17年後、また「ほぼ無一文」になりブログを書き始めました。

私が今こうやって、この分野のプロとしてお金を稼げるようになっているのは、
2000円で家出した時の経験がものすごく役に立っています。

お金がないからこそ「工夫する力」が、
またまた鍛えられたのです。

この第2ステージでは「文章でお金を生み出す力」を鍛えられました。
当時、私は潜在意識を開発するCDを、時々ブログで紹介していました。
1枚売れても、紹介料は100円位でしたので、収入としては微々たるものです。

でも、私は18歳のお金がない時に「工夫することが豊かさに繋がる」ことを体験していたので、金額の多寡には全く焦点を当てませんでした。

「自分の文章でお金を生み出せる」そのことだけに焦点を当てて、その力を鍛えていきました。
どんな文章を書けば、人は買いたいと思うのか?
どんな文章を書けば、商品の魅力が伝わるのか?

冒頭を変えたり、表現を変えたり、とにかく「毎回、ほんの少しでも文章を工夫すること」だけに焦点を当て続けました。

そのうち「目に見えない、人の意識の流れ」
つまり「集合意識の流れ」がわかるようになりました。
(余談ですが、この時から、私は遠隔でも、人の意識に焦点を当てると、何となくどういう状態かわかるようになりました)

そして、この人の流れが、そのままお金という目に見えるツールになって世の中を回っている、ということも感覚でわかるようになりました。

そして、ブログを書き始めて7カ月後には、すっかり「文章で商品の良さを伝える力」がついていて、自分が書いた電子書籍で100万円以上、稼げるまでになっていました。
そこからファンができて、セミナーやセッションをしても、人が途切れなくなる流れができました。

すべて18歳の、お金がない時代に経験した「工夫する力」が土台になっています。

豊かさを実感する実験中

そして今。
初心を忘れないために、ある実験をしています。

それは・・・。



メルカリでモノを販売して、得たお金だけで生活する、というものです(笑)
とはいえ、家賃もすべて旦那さんが出してくれていますので、自分のお小遣い、食費に絞っていますが。

売上金で、メルカリ内で何かを買うか、換金して外で何かを買う。
「メルカリ通貨で私は生きられるか」を、数カ月、実験してみようと思います。

面白いことに、今度は「11年前にブログを書き始めた頃の感覚」が役に立っています。
実は最初、全く売れなかったんですよ。

あれ?値付けが高すぎるのかな?
写真がわかりにくいのかな?

色々考えているうちに、気づいたのです。

「あ!ブログの時と同じだ」
あの感覚を思い出すと、わりと高額の商品が次々と売れるんですよね。

人はいつでも、どんな状況であっても、
お金を生み出す力を鍛えられるし、
お金に象徴される様々なものを通して、
「豊かさとは何なのか」を実感できるのだと思います。

「お金は愛の方向に流れたがっている」

私が何度もセミナーでお伝えしている、リン・ツイストさんの言葉です。

深いです。
その通りだと思います。

The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む
  • お金を生み出す力は「何度でも」訓練できる はコメントを受け付けていません。
  • お金の流れ, ブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る