ブログ

時空力 3期養成講座について

昨年、軽く予告していました養成講座についてです。

問い合わせがあった頃は、正直、開催することは積極的には考えていませんでした。
2~3人で、よほどやる気がある人が来られるなら、コッソリやろうかな、程度でした(笑)。

私のメソッドを、他人に使って現実を変えられるようになるには、
単なるノウハウではなく、
「エネルギーの使い手になる」自覚が必要だからです。

 

高い視点から観抜く

ノウハウだと思って、形式的に使っても、「安心感が感じられる」「自己肯定感が上がる」くらいで終わりがちです。
本当の奥義は、言葉に響きを乗せられるのか、ということなんです。

もう少しわかりやすく言うと
「言葉で人を惹きつける引力をもつほどに」
「空間の次元を変えるエネルギーを使えるか」
ということです。

それが「モノゴトの構造を観る力」なのです。

高い視点でモノゴトを観れると、言葉にエネルギーが乗り、
高いところ(5次元)から低いところ(3次元の現象化の世界)に流れ出し、
クライエントさんの人生に変容をもたらします。

自分に対して変化を起こすのと
他者に起こすのとでは、エネルギーの使い方が違うのです。

単なる言葉を使うのではなく、ノウハウを当てはめればいいものでもなく、
ある程度のセンスが必要になります。

 

先日、1期から1人目の認定合格者が出ましたが、3年がかりで、ここまで来られました。
(今度、記事にいたしますね)

そのくらいの時間をかけて、「自分と他者の人生に大きな変容をもたらす」同志のような方に、養成講座に来ていただきたい、と私は思っています。

でも、それはかなり高いハードルなのかな、とも思ったり。

 

ZEROの使い手

昨年後半、時空力ZEROという「最も原点であり、私のメソッドが最終的に行きつくコンテンツ」を世に出すことが決まりました。
そして、今年の1月頃(2月になるかも)、満を持して、世に公開します。

はじまりであり、終わりであり、∞が交差する場所・・・

そんな教材が時空力ZEROなのです。

これをいよいよ世に出す、という段階になり、
少々、私の気持ちも変わってきました。

それは「ZEROを作れる人を、世に誕生させたい」という願いです。

私の言うメタ認知を「究極にまで上げたモノの観方」を教材化したのが、「時空力ZERO」なのです。
ZEROというのは、「自分の存在理由、使命」のようなものだと思ってください。
陰と陽を統合するエネルギーを発する、特別な言葉。
その言葉に口にし、触れただけで、人生に化学変化が起きてしまう威力に満ちています。

化学変化というのは、例えば、身近な例で言うと、
昨年、森泰造さんが『ケンタッキー流 部下の動かし方』を出版され、
その際に、私はお祝いのスピーチさせていただきました。

「感動しました」と多くの方に言っていただけましたが、
ああいうスピーチ構成は(どこに着目して質問し、答えに隠されている真意を見抜き、言語化する)、
パッと簡単にできるようになると思います。

すべては「モノの観方」だからです。

あのスピーチを凝縮したものが、ある意味、ZEROだと言えます。

森さんが、あのスピーチを喜んでいただき(会社のサイトにまでアップしてくださいました)、
「あ、こういうことが簡単にできるようになる人を育てるのは面白そう」
と思えたのも、私が3期をやる気になった一つの大きな理由でもあります。
※スピーチ動画は、シェア記事でご紹介しました。興味のある方は探してみてください。

そのZEROを自在に作成できる人を育てるなら、養成講座をやってみたいな、と思いました。

 

養成講座の募集について

もし3期に興味がある方は、時空力ZEROをお手にとってみてください。

そして「こういうモノの観方ができるようになり、自分や他者に化学反応を起こし、その人らしい人生創造を応援したい」
という方は、3月頃の正式募集にお申込みください。
(価格は、今までより少し値上がりします)

今日は、内容の予告でした。

The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る