ブログ

時空力「的」願望実現の方法

真理や法則は、些細な日常に見出せます。
それをキャッチできる感性があるのか、見逃すか?
そこに「願望実現できる分岐点」のヒントが隠されています。
今日、私に起きた出来事は、まさにコレです。

あまりにも「些細なこと」ですが、願望実現の真理を見出しました。

法則その1:「今の感覚」を見逃さずに行動に移す

今日の午前、何気にFB記事を眺めていると、ある記事が目に留まりました。
京都の瑠璃光院で、期間限定で紅葉の風景を見ることができるとのこと。
あまりにも美しい紅葉の記事でした。

「行きたい!」
「でも、夜からコンサルが入っている」

こんな時に、分岐点が訪れます。

うまくいかない人の思考パターンの典型例はこれです。

「(行きたいけれども)夜の仕事に間に合わなかったらどうしよう」
「(行きたいけれども)疲れているし、明日に響くし」
などなど。

つまり「できない理由」をたくさん、しかも瞬時に挙げ、行かないという「ゴール」のための理由を、自分を納得させるために考え出します。

うまくいく人は、行くという「ゴール」のために「どうすれば行けるか?」を考えます。

私の新刊でいうところの「前提」が、こういう些細な選択で、大きな影響を及ぼします。
うまくいかないパターンは、この些細な選択肢の連続で、「現在」ができているのです。

ということで、私は迷わず、行くことにしました。
ギリギリ、夜のコンサルには間に合いそうですし。

ところが、この「選択」が思いがけない「出会い」をもたらすのでした・・・

法則その2:出会いはこうして起きる

瑠璃光院は、はじめていく場所で、何度も乗り継ぎ、ようやく最寄り駅の「八瀬比叡山口」に着きました。
でも、場所がわかりません。

駅前の地図を見たり、周辺にいる人に聞こうと思ったのですが、ふと、駅の前にある小さなお店で聞いてみることにしました。
親切に教えていただいた後、何気なく軒先に目を向けると・・・。

!!!!!
!!!!!

ひっくり返りそうになりました。
年の頃30代の女性が、微動だにせずに座っているのです。

頭の上に薪?を乗せ、モンペ?を着ているこの女性・・。
このお店の看板娘でしょうか(マネキンですが)。

あぁ・・・デジャブ感のあるこの感じは一体!?

以前、この世界観をどこかで体験した気がしてならないのです。

そうだ!
11月10日、FB記事で、私は「雪んこ」さんの記事をシェアしました。
「80歳以上」で「元気のない」ことが条件の、昼寝つきで自給1000円のバイト募集の看板です。

実は、あの募集には、深い秘話があったのです。
雪んこさんが、秘話を書いた記事を、ネットで探してくれて、コメント欄に貼ってくれました。

【現地取材】座ってるだけ昼寝つき「元気のない方」限定の時給1000円アルバイト / その背景に悲しくも納得の物語があった

あの秘話の世界観と似ている!
と思いきや、すぐに「見覚えのある文字」が目に飛び込んできました。

★アルバイト募集
職種:座るだけ
年齢:80才以上
備考:元気のない方 昼寝付き
時給:1000円以上

やっぱり!?
ツッコミどころ満載の、この看板。

こ、これは・・・。
あのシェアした記事と同じ看板では!?

慌てて、記事を遡り、雪んこさんのコメントをクリックすると、やはり!同じ店の同じ看板でした。
数日前に読んだときは、駅の名前までは読まずに、概要だけ把握しました。
「看板娘(80才以上の)を募集しているんだ」と。

秘話が書かれた2013年から2年以上経っているのに、まだバイトを募集しているとは・・・。

というか、この写真のマネキン。
明らかにミスキャストです。
「座るだけ」のイメージを伝えたいのでしょうが、
明らかに元気よさそうだし、姿勢はいいし、そもそも30代っぽい。
ツッコミどころ満載です(笑)

そんなわけで、思いがけず、数日前に興味深く思った「アルバイト募集」の看板のホンモノに、予想外に出会ってしまいました。

願望実現のコツって、まさにこれなんですよね・・・

願望実現のコツ

① ネットで面白い看板を見つける。
② その数日後、「紅葉」を見たいと思い、その思いつきをすぐに実行して最寄り駅に着く。
③ でも、目当ての場所がわからず、お店の人に聞いてみる
④ ①の面白い看板をそこで見つける

① を「願望を実現したいと意図する」に置き換えると、法則そのものです。

願望をいったん手放すと、忘れたころに実現する、というのはよく聞きます。
これは実は、手放した後、何もしないというわけではないのです。

間に、②③のような(本質的に)行動や選択が介在してこそ、なのです。

② の本質は「自分の感覚を大事にする」です。
大事にするからこそ、「できない理由」を考えるのではなく「どうすればできるのか」を考えます。

また、大事にできるには条件があります。
例えば、未来への不安が多い、人に対する怒りが多い、などの感情があると、そこに焦点がいき、
「どうすればできるか」までエネルギーが残っていないのです。

だから、普段から自分の感情をクリアにしておくことが、②の本当の本質です。

③ の本質は「人と繋がる」「人にサポートを求める」ということです。
すべて自分でやろうとすると、限界がきます。
でも、人を信用していない、人に対して怒りやネガティブな感情があると、人と繋がりにくいのです。
あるいは、何かあった時に、手を差し伸べたい、と人から思われないのです。

人を許容する範囲=自分の願望実現する範囲

と言っても過言ではないでしょう。
②③が媒介することによって、願望実現したり、会いたい人とご縁が繋がったりするものなのです。

まさかの看板との出会いで、ここまで考えられただけで、行動した甲斐があるというもの(笑)。
瑠璃光院に着くまでに、すっかり色々な意味で、お腹いっぱいになり満足でしたww


肝心の紅葉は、やはり素晴らしかった!!です。
静寂さの中に、膨大な時間軸の中でうつろいゆく自然の佇まいが感じられました。
その後、東京に戻り、無事に夜のコンサルに間に合いました♪
やっぱり、思いつきを行動にしてよかったです。

The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る