ブログ

本質が見えないと「無駄に」行動を重ねる!?~結果を出し続ける人は「本質思考」~

Facebookには過去の今日の記事が表示されます。

『本質思考』という本のことを書いた2年前の記事が表示されました。

タイトルは【どれだけ時間をかけても「スジがよい答え」が出ないワケ】

 

自分を取り巻く現象を俯瞰的に見る視点

私は数分でエネルギー的な速読はしますが、そもそもが本を読まないタイプ。

Facebookやその他で本のことを書くことがほとんどありません。

しかし、この『本質思考』だけは記事にしたいと思うほど、私にヒットした覚えがあります。

先日、養成講座で私のコンサル視点の解説をしましたが、要はこの本に書いてあることをほぼやっています。

どこでこの感覚を身につけたか、と言うとロースクールなのです。

私の感覚では、ロースクールで訓練されたことは

  • 具体的な問題解決能力
  • 具体的な現象を抽象度の高い法律の条文にどう当てはめて、依頼者の困りごとを解決するか

だったと思います。

そのために、法律の条文の趣旨を解釈する技術を学び、具体的な事例に当てはめる訓練をさせられました。

私が養成講座でいうところの「具体化と抽象化の間を行き来しながら、クライエントさんの現実を変える選択を提案する」ことそのものなのです。

養成講座の合宿で、旦那さんが私の思考を分解しましたが、あれはまさに法律家がいつもやっている思考法です。

なので、養成講座には法律を学ばれた方が来ると、相当に早く私の言っていることが理解でき、応用できると思います。

もっとも、法律と私がやっていることの決定的な違いは「枠を超えるかどうか」です。

法律は判例や条文の範囲内で思考しますが、時空力は正反対です。

なので、法律をやっていた方は逆に意味がわからないかもしれません。(結局、どっちだ!?笑)

いずれにしても、「結果を出したい」と思う方の中で「なぜ、行動しているのに結果が出ないのか」と悩む場合は、本質からズレたところで行動をしているので、努力と成果がリンクしていない可能性が大いにあります。

自分を取り巻く現象を俯瞰的に見る、時間の流れも含んで洞察する視点を学びたい方は、この本は結構よいのではないかと思います。

 

無駄な経験は一つもない

こうやって書くと、無駄な経験は一つもありませんね。
私は枠を超えすぎて法律家には全く向いていませんでしたが、私のコンテンツ作成やコンサルの現場でこの能力は120%役立っています。

あの時代がなければ、今の私はなかったのです。

この本の帯にこう書いていますが、これ、「ワークをやって現実を変える時空力」と同じですね。セミナー受講も同じです。

どれだけ情報を集めても、どれだけ時間をかけて考えても本質が見えていないと”スジがよい”答えは出てこない

 

ロースクールの3年間、朝から晩まで3000文字の答案を何通も書き続けていたあの時間は、まさに時空力コンサルの思考法の訓練期間そのものだったと思います。

過去の自分よ。
あの3年間を投げ出さないでくれてありがとう!

The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む
  • 本質が見えないと「無駄に」行動を重ねる!?~結果を出し続ける人は「本質思考」~ はコメントを受け付けていません。
  • ブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る