ブログ

いのちの誕生の記憶

いのちの誕生の記憶

3年前、新米ママへのアファメーションとして作成したものを、Facebookの過去記事で見つけました。

来年1月のフォレスト出版の新年祭の誘導瞑想で使おうかしら。

◆最高のチカラが出る唯一の言葉◆

僕の人生の扉が、1年前に開いた。

僕はお母さんに会うために生まれてきた。
お父さんに会うために生まれてきた。
お母さんも僕に出会うことを決めてくれた。

だから僕は今、ここにいる。

奇跡のような、この巡りあわせの中で
僕の人生の扉がノックされた。

僕は、ずっと待っていたんだ。
ずっと、ノックされるのを待っていたんだよ。

お母さんも待ってくれていたんだよね。
ありがとう。

僕は
今ここにいることが
心から幸せなんだ。

大好きなお母さんがいてくれるから。
僕の未来を幸せにしたい
と心から願っているのが伝わってくるから。

僕に「なまえ」をつけてくれてありがとう。

お母さんが「なまえ」を呼んでくれるたびに
お母さんが僕の目を見てくれるたびに
僕はこの世に生まれてきた意味を思い出す気がするんだ。

この世に生まれてくる瞬間まで、
僕は未来がどうなるか見えていたんだ。

でも、扉が開いた時に
その記憶は消えてしまった。

僕のこれからの人生は
「なまえ」の意味をわかっていく体験をする旅だと思うんだ。

お母さんがいて
お父さんがいて
これからたくさんの人と出会って
たくさん別れを経験していく

そして、僕は感謝の気持ちで
僕が生まれてきた本当の意味がわかっていくんだと思う。

「なまえ」はそれを思い出させてくれる暗証番号みたいなものなんだ。

扉を開く瞬間の
あの光の洪水のような空間を
僕はかすかに覚えている

光の扉が開いて
僕に「なまえ」がつけられた

お母さんとお父さんがつけてくれた「なまえ」
大事にするね
ありがとう
(新米ママのクライエントTさんに作成したアファメーションです)

フォレスト出版の新年祭についてはこちら↓↓を見てくださいね。

3次元は超えられる!夢の競演・2017年1月〜なぜ「引き寄せ」は古いのか〜
「未来の変え方」というテーマで、2017年1月、フォレスト出版の新年祭があります。 著者5名の、夢の競演です。 鶴田豊和さん、横山...
The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る