ブログ

引き寄せるのではなく「未来から出現」させる

あなたは見たい世界を「絶対に」選べる

40過ぎて過剰な条件を結婚相手に求める女子は救われるのか。

笑。
我ながら、面白い例えです。
1年前の大晦日のfacebook記事を見直して、確信しました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=728605243913204&set=a.106576896116045.10862.100002912056900&type=3&theater

自分が見たい世界は、必ず「出現」させられる、と。
1年前の、私には想像できなかったことが、
今年1年で起きました。
でも、1年前も「今年は想像を超えていた」と締めくくっています。

だから、未来は常に「更新」され続けていくのです。
あなたがどんな世界を見たいか?
それだけなんです。

また1年後、「今年はありえない展開だった」
と言っている未来の自分を、今、既に感じています。

引き寄せ、という言葉は、誤解を受けるので、
今後、使わないと思います。
引き寄せという言葉を使いたがる人の前提に「諦めの気持ち」を感じるからです。

今、あまり上手くいかない私。
そんな私が変わるには「何かよいことさえ引き寄せられれば・・・」
そう信じたい。

でも、前提が「諦め」なので、現実もそれにそうものになります。

この2年間の自分の歩みを振り返り、確信しています。
「望む未来を、未来から引っ張り、自らの力で出現させられる」と。
引き寄せという「何かのチカラにすがる」のではなく、
自らのチカラを取り戻し、世界を信頼する。

信頼が鍵。
そういうことだと思います。
自分と世界を信頼していれば、「引き寄せ」という言葉に興味を持たないし、使わないはずなんです。
前提が変わりますので。

創造できるから引き寄せる必要がないのです。

2016年は、更に多くの人の「信頼の力を取り戻す」ようなコンテンツを、
世に出していきたいと思います。

私は見たい世界を見る

で、年明けすぐに録画&録音する「新教材」のために、
年末年始は、ひたすらコンテンツの質を高め続けます。
ここに来て、続々と私のメソッドの成功事例が届いています。
神の粋な計らい!?
多くの方にインタビューして、どうやって教材に「伏線」として盛り込むのか?
物語をつくるような楽しさで、幸せな「産みの苦しみ」を体験中です(笑)

1月6日の録画の日の直前まで、
可能な限りすべてを投入して、
「最高傑作」になるような質の教材にこだわりつづけたいと思います。

私には見たい世界があるからです。

The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む
  • 引き寄せるのではなく「未来から出現」させる はコメントを受け付けていません。
  • 時空力

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る