ブログ

成功法則の「不都合な真実」~日本人に合う成功法則とは~

 お知らせ

☆メルマガは、連休を挟んでいるため、設置作業が遅れています。

昨日ようやく、メルマガ会社の方から設置お知らせが来て、今現在、このブログを作ってくださった方にバトンタッチしています。

もう少々お待ちくださいませ。

(その旨をメルマガお申込み欄に書いたつもりが、反映されないのです)

—————————————————————————————–

先日、facebookに書いた記事をご紹介いたします。

いつもシェアしてくださったり「イイネ」をつけてくださる方、本当にありがとうございます。

かなり励みになっています。

2月に出版された『世界に1つあなただけの魔法の言葉』の導入部分でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

◆成功法則本の「不都合な真実」◆

~日本人に適した「新プラス思考」~

あなたには、実現したいものがありますか?

もっと豊かな生活をしたい。

人間関係の悩みが減れば、毎日を楽しく過ごせるのに。

理想のパートナーと出会えたらなら、本当にハッピー!

 

巷の成功法則では、これらが手に入る考え方や実例がたくさん紹介されています。

それらを読むとワクワクしてくることでしょう。

 

私にも、こんな人生が送れたならば・・・・。

気持ちが高ぶってきて、自分でも何だか実現しそうな感覚になります。

 かつての私がまさにそうでした。

 でも・・・残念ながら、私はあることに気づきました。

 

確かに、この方法は効果があります。

但し、「日本人の5%」の人に効果があります。

 

つまり、残りの95%の日本人には、効果が出にくいのです。

 

実は、日本人独特の気質のため、欧米で流行の「プラス思考」は、

かえって成功しにくくさせてしまうことがあります。

 

もし本当にそれらの成功法則に効果があるのなら、

なぜこんなに成功法則の本は次々と出てくるのでしょうか。

 

それらの本は誰をターゲットにしているかを考えてみると・・・。

 

そうなんです。

「成功したいけれども、成功できない人」をターゲットにしています。

 

それでも成功しないから、次から次へと、新しい方法に飛びつく。

でも、それらの本は、結局は同じことを、切り口を少し変えて書いているだけです。

 

だから、いつまで経っても成功しない人が、世の中には溢れかえっているのです。

 

◆本当に必要なことは、「ある準備」なのです。

多くの成功法則には、残念ながらその「準備」について書かれていません。

 

それは、ある種「盲点の発想」なので、意外に誰も気づかなかったのです。

それが『世界に1つあなただけの魔法の言葉』でご紹介した、「新プラス思考」なのです。

 

95%の普通の人のためにカスタマイズされた、「真実のプラス思考」と言ってもいいかもしれません。

新プラス思考では、成功段階をStep1~Step5に分けて考えます。

そして、普通の人は、「Step1~Step3」までを準備する必要がある、と考えます。

 

そうです。

巷の成功法則本には、この「Step1~Step3」がすっぽり抜けて、「Step4以降」についてしか書かれていないのです。

 

本当に大事なのは、Srep1~Step3だった・・・・。

 

◆飛行機が飛ぶためには、まず「行き先を決め」「滑走路を準備しながら進む」段階が必要です。

 

滑走路からまさに飛びたとうとするとき、最も抵抗を受けます。

 

巷のプラス思考を提唱する本には、飛行機が地上を飛び立った後、どうすれば目的地に着くのか、についての方法が書かれているのです。

 

それはそれで大事なことですが、

そもそも飛行機が飛び立つには、準備段階が一番大事なのは、言うまでもないでしょう。

 

飛行機の行き先を決めるのが「Step1~Step2」

最も抵抗を受ける段階のコントロール法が「Step3」です。

 

飛行機が飛び立った「Step4」以後は、既存のプラス思考や成功法則が

とても役に立ちます。

 

Step1~Step5の段階が違うように、それぞれの段階毎に

「異なった言葉の使い方がある」のです。

 

そして、それは、「あなたにしか」効かない

「世界にたった一つの魔法の言葉」です。

 

あなたの今いる段階に合わせて「使う言葉」を変えてみてください。

飛行機は、あなたが望む未来へ勢いよく飛び立っていくことでしょう。

 

*今日は、拙著『世界に1つあなただけの魔法の言葉』の内容について解説をいたしました。

*「図」は私のプロデューサーであるMTS小川泰史さん考案です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る