ブログ

人生をジブンゴトにさせる秘訣公開【大阪5/30~31】時空力の最新版

最近、直感に従って、東京にマンションを借りることにしましたが、
皆さんは、直感をどれくらい日常に活かしていますか?
私はかなり直感を大事にする方です。

目標を実現する時には2種類のタイプがあると言われています。
ゴール逆算方式と展開型です。

目標達成の方法において、
私は、8年前が分岐点でした。
法律家は目指さないと決めた時から、
「もう常識に縛られるのはやめよう」と思ったのです。

~年後に合格を目指して、逆算して~月までに~の問題を解く。
そういう方法が、私には向いていないと悟った瞬間でもありました。
そこから「展開型」で目標達成する方式が多くなりました。

もちろん、何かのプロジェクトを達成する、
など具体的なものは、ゴール逆算方式は合っていると思います。
私も、フォレスト出版の教材を今回作るにあたり、
モニターさんを募集して、レジュメの原案を1か月前に完成させる、
など準備を重ねました。

でも、今回のフォレスト出版の教材化の企画は
完全に想定外でした。
思いがけないルートで決まったからです。
(それはまたの機会にお話しするとします)

◆この展開型で目標達成するには、コツがあります。
それは、「直感」をいかに「行動」に繋げられるのか、です。

「いいな」「これかも」
ピンとくることは、多くの人ができます

でも、おそらく9割以上の人が、
そこで終わっているのではないでしょうか。

展開型を成功させる秘訣は
①直感を受け取ること
②その直感を行動に繋げること
の2つが揃ってこそなのです。

行動までつなげられると
どんどん自分の選択を信じられるようになってきます。
多くの人は、行動しないで、グルグルと思考で解決しようとしてしまい、
悪循環が起きます。

でも、そう言っている私自身、
この「自分の選択を信じること」が相当に苦手でした。

実はコツがあります。
直感が当たるから自分を信じられるようになるのではなく
自分を信じられるから、直感を受け取れるようになり、
それを「行動」に繋げられるのです。

この連続で「人生って、自分の選択次第で、いくらでも自在にデザインできる」
ということが、腑に落ちていきました。

失敗も時にはありますが、
必ずそこから軌道修正して、結果的に「自分にとって最善の流れにすること」ができる。
そういう確信が生れました。

人生を「自分事」として捉えられるようになると、
真の自立ができます。
多くの方は、「目標に対して他人事」のような気がします。
嫌なことがあったら、「都合よく消えないかな」
「何か魔法のようなことが起きて、今の問題が解決しないかな」

そういう動機で引き寄せを学ぶ方が多いと思うのですが、
私からすると「逆」です。
人生を「自分事」として捉えるから、マジックが起きるのです。

ここは確信を持っています。
私が8年前から、人生が激変したのは
「自分事の人生」の一歩を踏み出したからなのです。

==============
◆5月30~31日大阪セミナーのご案内です
==============

私は、8年前『世界で一つあなただけの魔法の言葉』で書いたとおり
ネガティブを認め、未来が動き出すアファメーションを作成する方法を編み出しました。
その過程で「自分を信じること」の第一歩を踏み出せましたが、
実は、もう1つ、鍵があったのです。

それが、以前のメルマガに書いた「蘇った記憶」です。
「自分の人生を変える選択肢」について、深く洞察するワークをしたのです。

これがフォレスト出版の教材になる「時空力」なのですが(7月頃に販売予定です)
その後、更に最新ワークが生れました。
今回、正直、このセミナーの告知をしたくありません(笑)
破格で開催するからです。

セミナーの価格は3月から決まっていたのですが、
内容が主催の七星さんのお願いで、直前で変わり、
最新理論を扱うことになりました。

東京では、この2倍でセミナーをしているため、この価格での開催は、「最初で最後です」と
七星さんにも念押ししています。
(6月に東京で、同じセミナーを価格を上げたカタチで開催予定です)

興味のある方は、コチラ
を是非ご覧くださいませ。

◆日時:5月30~31日 10時~18時まで
◆価格:2日で5万円
◆残席:2名

The following two tabs change content below.
佐藤 由美子
4,000人の人生を変えた行動変革コンサルタント。「結婚しました!」「事業がうまくいきました!」「独立して人生が変わりました!」などの成功報告が数多く届き、確実に変化と結果を出す人生を変えるストーリー作りの専門家として多くのクライエントから絶大な信頼を得ている。 ▶︎つづきを読む

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る