ブログ

本来の自分になると「必ず」願いは叶う

~新春 東京セミナー~
モニター価格で提供することにしました!
新メソッド「未来更新式メソッド」の進化に伴い、
「核」(コア)の部分をお伝えする講座を実験的に開催することにしました。

詳細は、この次の記事にアップしますね。
概要は以下です。
◆日時:1月10~11日 10時~18時頃
◆場所:東京 白山駅近くのサロン
◆テーマ:2015年目標達成アファメーション作成
=====================================

あっ!という間に大晦日ですね。
いや・・・今年は人生史上、最高の年になりました!
大晦日に「2015年以降を思うとニヤニヤが止まらない」状態は、
初めてです(笑)。

改めまして、今年関わってくださったすべての方にお礼申し上げます

◆40歳過ぎて、にわかに婚活する人(特に女子)に呈される苦言があります。
「そんな条件が揃っている人、いるわけないじゃない。
身の程をわきまえなさい!!」

あるある笑。

年をとるほどに、相手に要求する条件が厳しくなる女子。
その一方で、年とともに一般的に市場価値が下がってしまうという現実。

そのズレが悲劇を生むと思われます。

自分の生活スタイルができてしまっているので、
それを崩して結婚となると
自分を棚に上げ「要求ばかり多くなる」というイタい現実。

で。
ここで分岐点が訪れます。

「私の市場価値ってこんなもの」と
妥協する術を覚えた賢い女子は、
「そこそこの幸せ」を掴みます。

さて、あなたは、そういう人生でいいのですか!?

・・・・。

いや、そこでこだわるから
幸せを逃すんでしょっ!

・・・・。

葛藤との闘い。

例えるなら、
今年の私の道のりはそういうことでした。

どんなだ(笑)

◆いやはや。
今年は「意図すること」のパワフルさを思い知りました。
福岡にて「産みの苦しみ」から始まった今年の幕開け。

元旦は、ベストセラー作家木暮太一さんから出版企画書の宿題が出ていて、
「私の存在する意味って何だろう?」
の答えを出せない苦しみから始まりました。

「その本をあなたが出す意味は何なのか?」
「なぜ、あなたでないといけないのか?」

年末から考えていたのですが、一向に納得できる答えが出ず。
なぜ答えが出ないのか!?
その背後にある恐ろしいことに気づいてしまったのです。

私は今までニセモノの人生を生きていた。
脱していたと思っていたけれども、
まだニセモノの部分が残っていた。
だから中途半端な出来事を引き寄せていた。

全て自分の鏡だった!?

その象徴となっているシンボルが
「今」の私にあるはず!
鏡を見て気づきました。

このファッションと髪が
ニセモノの象徴だと。

元旦の朝に気づいてしまった私は
いてもたってもいられなくなりました。

元旦なのに・・・・札幌のイメージコンサルの渡部姉妹に連絡し、電話をし(迷惑な!)、
札幌に戻ったらコンサルをお願いしますと予約しました。
写真家の方にも、お会いしたこともないのにfacebookで連絡をとり、予約をとりました。

その直後、新しい企画が
舞い降りてきました。
それが商標登録した「未来更新式メソッド」の原型になるものでした。

札幌に戻り、「ショートの方が似合う」と想定外の提案をされました。
でも、躊躇なく間髪入れず「じゃ、それでお願いします」と言い放ち「迷いが一切なく男前ですよね」と感心され(笑)。

そして外見を変えて驚きました。
「これが本来の私」だと。

◆それから不思議なことの連続でした。
未来更新式メソッドの原型を自分にも実験し、
行動プロセスが短縮され、まさに「ワープしている状態」へ。

「10年後に~~になっていたらいいな」
「でも、そうなるには、~~と~~と~~を備えている人と出会う必要がある」

そんなありえない条件を設定したにも拘らず。
40過ぎて身の程知らずな条件を結婚相手に求めるような、甚だ図々しいことを設定したにも拘らず。

本当に本当に「完全に一致する人達」と出会ってしまいました。
わらしべ長者のような展開で。

それと同時進行で
モニターさんにメソッドを試していただき、
改良に改良を重ねていました。

それらの準備が整ってきた頃、
出逢いが訪れました。

一旦、9月頃に企画書を出そうと思っていたのですが、
今考えると、出さなくて正解でした。

新しい切り口にする必要があったのです。
そして、その先にある10年以内に実現したいビジョンのためにも。

◆元旦の日から1年間、ずっと答えを求め続けてきたこと。
私の存在する意味は何だろう?
私の命の使い方って何が最適なのか?

これに答えるには
「本来の自分」になるしかなかったのです。

そして、今まで経験してきたことから導き出された
「本当に望んでいること」

それを実現するために出会う必要のある人。

意図が明確であるほどに
「望む人」は限りなくハードルが高くなりました。

でも、本来の自分から発せられた願いは叶うのです。
1年かけて問い続けることをやめなかった私の実感です。

皆さんも2015年は、本来の自分が何を望まれているか、
是非考えてみてください。
(1/10 ~11、東京セミナーはこれがテーマです)

◆そんな流れの中、
正月にやる必要のある仕事がたくさんあることに気づいた私。
すべての予定をキャンセルして、家に引きこもり作業をします。

元旦に何をするかで、年末が決まる。
その深さを2014年に実感しました。
なので、仕事から始まる2015年、大歓迎です♪

2015年は素晴らしいコンテンツを世に出せそうな予感がしています。

来年、皆様に素晴らしいことがたくさん起こりますように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る