ブログ

「成功する」とはどういうことか?

◆お知らせ◆
~「次元を超えた未来と繋がると葛藤は消える」~
既にお伝えしていたテーマをブラッシュアップします!
行動するには「ビジョンを明確」&○○がないと続きません!
その解説&ワークを導入することにしました。

☆東京セミナー 10/18~19
☆森のリトリート合宿 10/11~13

★お申込み先:info#izumi88.com(#を@に変えてください)

*二つのセミナーは同じ内容です!
但し、東京セミナーは森に入るワークがありません。

詳細は、10月2日発行のメルマガに書きます。
====================================
興味のある方は、コチラ から登録くださいませ。
http://mahou888.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2
==================================

*9月28日のfacrbook記事です*
~「成功する」と「達成する」との違い~
今日は、大阪で堀江信宏さんのコーチング講座でした。
11月からリリース予定の新メソッドは、かなりコーチング要素を含みます。
なので、クライエントさんに質の高いセッションを提供する目的です。

堀江さんの講義の素晴らしいところは、ニュートラルな立ち位置で存在してくれるのはもちろんですが、抽象的な概念を原理原則と結びつけたうえで、具体的な事例に当てはめる一連の流れを見せてくれるところです。

いつも私は、法律を勉強していた時代を思い出してしまいます。
法律は、具体的紛争を、極限まで抽象化された「条文」、判例という参照枠を使い、立てられた規範に具体的事実を当てはめて、解決に導きます。

この論理的な解決方法、私はかなり好きでした。
ただ「法律という限定された枠の中」で問題を扱うのが、私に向いていなかったのです。
心のテーマのように、正解のない自由度の高い領域の中で、論理的な解決法をするのは好きだったのですね。

大学時代、哲学と心理学の本が好きだったのも、そういうことか・・・と今更、納得です。

◆さて、今日は「成功するとはどういうことか」を考えるワークがありました。
堀江さんによると、「達成する」は瞬間的な意味あい、で「成功する」は状態、とのことでした。

これは納得ですね。
年収1億円になったから成功ではなく、それは単に瞬間的に「達成した」というだけなんですね。

そのうえで、自分の中で「成功するとはどういうことか」を言語化するワークがありました。

私が直感的に浮かんだのは、こんな言葉。

★自分の存在の意味をわかっていること。
自分が何者で、
自分がどんな才能を持っているかわかっていること。
その才能を、今の現状でどのように発揮できるか転換できること。
そして、その器を成長に合わせて拡大し続けていく状態★

抽象的ですが、今のところ、この言葉がしっくりきました。
時々、自分に問いかけてみたい質問だな、と思いました!

さて、明日は大阪セミナー、明後日から博多、10月3日は札幌、4日は東京・・・。
一体、どこが居住地なのやら!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る