ブログ

森のリトリート合宿【9月&10月】世界の見え方を変えると未来が変わる

*メルマガで「合宿中&直後におきた不思議話」を配信します
記事途中にもありますが、皆さんに同時に起きた出来事があります。
まさに最終日のワークの効果かもですね!
明日13日21時にメルマガ発信します。
メルマガの登録URLはコチラです

*あるいはコチラをコピーしてください。
http://mahou888.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2

・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・

◆1本の電話が「世界の見え方」を変えた奇跡!◆
~「私は愛されていない」は間違っていた~
ドラマが多すぎて濃かった!7月の「北海道の森リトリート合宿」を振りかえってみます。
少人数でしかできないプログラムだったのですが、効果は抜群でした。

2泊3日のテーマは「潜在意識を書き換え、最高の未来の自分と回路を繋げる」です。
最終日はあまりにもドラマチックでした。全員が「最高の未来の自分と今の自分を繋げた」のは圧巻!

==================================
大好評だったので、9月13~15日に第二弾、10月11~13日に第三弾をします。
北海道外からのご参加も大丈夫です。
当日に飛行機で間に合う時間帯に始まります。最終日は、お1人ずつの順番のワークですので、早くすることで、最終日中に、関東や関西に戻ることができます。

◆日程:二泊三日
◆時間:初日の14時に名寄駅に集合
*名寄は、旭川駅から鈍行で90分ほどの場所です。
最終日は17時に終了ですが、早く帰ることもできます

◆価格:68000円
*交通費、食費、宿泊費は別途かかります。宿泊は1泊3000円以内です。
宿泊は個室になります。
◆場所:名寄駅からバスで30分の下川町
◆人数:最大5名まで
◆お申込み先:info#izumi88.com (#を@に変えてください)

1日目:潜在意識とコミュニケーションの関係
2日目:過去との対話&森でシンボルを探す
3日目:自分の最高の未来にコミットする
=================================

森の合宿ならではの「シンボル探し」も楽しかったです!
シンボルというのは、内側と外側は影響しあっているという理論が土台になっています。
現実で追い詰められている時、夢で「試験前なのに勉強していない」内容を見るのも、夢が「間に合わないかもという不安」というシンボルになっています。

このシンボル、私のセミナーでは、ものすごく広い意味で使っています。
「偶然に起きたように見えることからメッセージ性を読み取る」というのが目的なので、五感を全て使います。

合宿中、一本の電話が「世界の見え方を一変させた」シンボルになった方がいます。
その方の名は奈津子さん(仮名)。
今日の記事は、合宿に起きた奈津子さんの物語と、受講された方のご感想を掲載します。

=========================================================

奈津子さんの合宿の前の状態を一言でいうなら「私は両親にあまり愛されていない。両親は不仲だし、そこも不満」でした。
小さい頃の体験は、本人の「世界の見え方&感じ方」を形成します。

「愛されていない」と思ってしまうと、大人になっても「私は足りていない」ということにばかり意識が向きます。
どんなに知識を得ても、「私は愛されている」と実感できる体験をしない限り、このベースは変わりません。

私は足りていない。
私には愛が足りていない。
私はそれを「欠乏感」と表現しています。

欠乏感があると、人間関係でも「私を認めてほしい」という動機がいきすぎて、「これだけやっているのだから、私を認めて」と、「取引のコミュニケーション」をしてしまいます。
「私を特別扱いして!」も同じ原理ですね。

だから「本当は私は愛されている」、少なくとも「今の私は愛される価値がある」ことを、実体験することで、潜在意識は書きかえられていきます。

さて、奈津子さんに一体何が起きたのでしょうか?
合宿の最終日から振り返ってみます。

最終日は、一人ずつ、最高の未来の自分と回路を繋げるワークをします。
潜在意識との対話がスムーズになる「誘導瞑想」を使うのですが、今回初の「合宿バージョン」にしました。
1人の「最高の未来」と受講生全員の意識を繋げるという内容です。

これは、1人よりも数倍以上の効果があると見込んでの挑戦でしたが・・・想像以上でした!
1人だと視野が狭くなってしまうところを、四方八方からアプローチするからです。

この誘導瞑想は、私が一番得意なワークで、その場のその人の状況に合わせて「どんなストーリーを即興でつくるのか」が鍵を握り、ジャズのセッションとかなり似通っていると思います。

◆誘導瞑想の前に、「未来はどうなりたいのか」を発表してもらいます。
奈津子さんは、前日の夜に書いた内容を読み上げていました。

その中盤に差し掛かった頃。
携帯が突然鳴ります。

奈津子さんの携帯でした。
「あ、両親からだ・・・珍しいな・・・なんでだろう」
「すみません、切りますね」

しかし、私も含め受講生さんは何かを察知しました。
「出た方がいいよ。このタイミングでかかってくるなんて」

奈津子さんは出ることにしました。
内容は「奈津子さんが気にいった服が安くなっているので、買っておくか?」というものでした。

以前、奈津子さんが両親と買い物に行ったとき(この時点でかなり仲がよいと思うのですが、本人はそう感じていなかったようです)、お気に入りの服を見つけたそうです。
でも、ちょっと高かったので、その場では買わなかったそうです。
そして、今、ご両親がお店に再度行ったら、安くなっているとのことでした。

最初、奈津子さんは「いらない」と言っていたのですが、すぐに「やっぱり買っておいて」と言いなおしました。

実は奈津子さんは、合宿2日目のワークで「その時に感じた気持ちを見ないようにして、後でこう言えばよかったと後悔する」コミュニケーションが、自分の目標を達成するうえで邪魔になっていると気づきました。

早速、それをご両親との電話で修正したというわけです。

◆電話を切ったあと、奈津子さんは意外そうでした。
「両親は不仲だと思っていたけど、2人で買い物に行っているんだ・・・」

受講生さんも口々に言います。
「奈津子さん、両親に愛されているよね」

前の日まで、奈津子さんが「私は両親に愛されていない」と散々言っていたので、皆さんは「え?どこが?」と思ったのだと思います。

奈津子さんは「そうかな・・・」とあまり受け入れていないようでした(笑)

その後、電話で中断された「奈津子さんの未来へのコミット」の続きが読み上げられました。

最後の最後で何と、「ご両親への気持ち」が読み上げられました。
要約すると「両親ともっと仲良くなりたい」「愛されていると実感したい」ということでしたが、ついさっき、予想外のご両親からの電話もあり、奈津子さんは読みながら泣き出してしまいました。

最後の数行を読む前の、絶妙なタイミングで、ご両親から珍しく電話がかかってきたのです。
読む前に、願いが叶ってしまったようにも見えました。

そして、誘導瞑想。
この瞑想で、私がかつて経験したことのないハプニングが起きました。
セミナー講師をやっていて初めての現象です。
通常なら講師が慌てる場面なのかもしれませんが、私の中ではジャズセッションという感覚だったので、そのハプニングさえも「ストーリーの一部」に組み込んでしまいました。

このこともまた、奈津子さんの潜在意識に「自分の人生は修正できる」という信じ込みに繋がったのかもしれません。

◆こうして無事に合宿のプログラムが終わり、皆さんそれぞれ帰りました。
この時「不思議な現象」がほぼ同時に、バラバラの人におきました。
13日21時配信のメルマガに書きますね!

さて、その翌々日。
なんと、奈津子さんの元に、遠く離れているご両親が会いにきてくれたというのです!
合宿の電話の際「買っておいて」と頼んだワンピースをお土産に・・・。

奈津子さんは、合宿で帰る際も、まだ「両親に愛されていない」と思い込んでいました。
皆がどれだけ言っても「きっと洋服、プレゼントしてくれるよ」と言っても、信じる気はなさそうです。

「私の親ってケチなの。プレゼントなんてない」と言い張っていました(笑)
3日間にわたるワークの中でも、「親がケチで、私のお金への抵抗が形成されていた」と言っていたほど。

しかし、現実が違ったのです。
皆さんの想像通り、洋服はプレゼントされたのです。

最終日の電話、そしてプレゼント。
ここまで「現象」が起きたら、どんなに頑固に(笑)「私は親に愛されていない」と言い張っても、
「まだ信じないの?」と言われているようなものですよね。

奈津子さんは本当は愛されていた。
このことを、「実体験」で体感する必要が、奈津子さんには必要だったのです。
このベースができると(マイナスからゼロ)、本来の「目標達成」(ゼロからプラス)にエネルギーを注げるようになります。

私は足りている。
そう実感できると、「認めてほしい」という気持ちを、仕事の成果やスムースな人間関係など、健全な成長へ使うことができます。

どんな過去も未来から見ると「意味がある」ものです。
それをどのように「意味があるようにする」のかを意識することで、「今」にありがたさを感じることができるのです。
頭でわかるのではなく、腑に落とさせる!

「北海道の森リトリート合宿」は、未来に向かって最大限に「自分ののびしろ」を引き出すきっかけになったと思います。

奈津子さん!
本当によかったですね。

以下は奈津子さんを始めとする、受講生さんのご感想です。

========================================
◆奈津子さん(仮名)古いパターンから卒業します!
とてつもなく濃い3日間でした。
思っていたより、ハードスケジュールでしたが、 ハーモニーさんや参加者の皆さんの優しさの おかげで、楽しく快適に過ごすことができました。
最終日に自分の視野が狭かったこと ないものにばかり、焦点が当たっていたことに 気が付き、かなりショックを受けました。
いつも、もっと幸せになりたいと思ってきたけど 自分は充分幸せなことに気付くことができました。
ないものではなく、あるものに目を向ける 大切さをわかっていましたが、ようやく腑に落ちました。
この感覚は、一生ものの財産になると思います。
セミナーの翌日から現実が動き出しました。
セミナーの翌日に両親がプレゼントを持って 会いに来てくれました。
私が欲しがっていたワンピースが安くなってたから とプレゼントしてくれたのです。
愛されてると感じました。
今まで、両親に自分のことを話すのがイヤだった のですが、きちんと向き合って話すことができました。
父と母の良い面が見え、尊敬できるようになりました。
久しぶりに両親と楽しい時間を過ごすことができました。
父と母は仲が悪くてケンカが絶えなかったのですが、 仲良くなっていて驚きました!
もしかしたら、合宿で過去を癒した おかげかもしれません。
あと、人から認められたい気持ちが強く 人の目を気にしすぎていたこと
考えすぎる傾向があることに気が付きました。
そういう生き方を自分は望んでいないので これらのパターンも卒業できそうです。
参加して本当によかったです!!
ありがとうございました!!!

◆静香さん(仮名)コミュニケーションが変わります!
(私から一言)
静香さんは、合宿中、森の中で「異常なほど」内側と外側が繋がっていると気づかされるシンボルを見つけました!自然がいっぱいの場所でしか実現できないシンボルばかりで、皆さんの「絶対に自分は変わる」という意識を引っ張り出してくれました!
コミュニケーションの根本のクセに気づけたのもよかったですね。

ハーモニーさん、3日間の合宿本当にありがとうございました。
いろいろな事が起こりすぎて何から感想を書いていいか・・・・笑

新メソッドセッションを受けている時に、書くと帳尻を合わせるように潜在意識が動くということを聞いた時は半信半疑でした。
まさか合宿で自分が体験するとは思いませんでした。
でもあんなにもたくさんのシンボルが、私の周りに現れたのは、新メソッドで自分を見つめなおしたからこそですね。
それが、なければあそこまでの現象はなかったかもしれません。
この体験は今後、願いを叶える事の自信に繋がりました。

合宿のワークでコミュニケーションに関してわかった気づきは、とても大切な部分でした。
まさか、最初からあきらめモードで相手に伝えていたなんて・・・それじゃ伝わらないの当たり前ですね。
後で思うと、親との関係がそうでした。子供の頃からわかってもらえないという気持ちがありました。

また、願いを叶えるために自分で行動するのが恐いため、棚ぼたを期待していた癖もあることに気づけ、自分から行動(コミュニケーション)できるようになると、棚ぼたに依存しなくてもいいことがよくわかりました。

最終日は、本当にすごかったですね。
あの設定が素晴らしく本当によかったです。もう今後はこの設定以外考えられませんね。
あの後、他の皆に同じ現象が起きたことで、みんなで願いを叶えていくんだなという感覚があります。
だから、不安や恐れもまだまだありますが、どこか深いところで安心しています。

3日間があっという間で、下川では異空間にいた感じです。
3日間素晴らしいワークや導き、サポート本当にありがとうございます。

◆華絵さん(仮名)自分の願いを叶えることは皆の願いと繋がる
(私から一言)
華絵さんのご感想はかなり控えめですね(笑)。華絵さんの役割は重大でした!
関西から参加ということで、最終日のワークは、トップバッターで、お昼前に帰られました。この順番に意味がありました!華絵さんは実は2日目の夜まで、「未来にどうなりたいのか」について、私に「もっと真剣に書いてください」と言われていました。どこかで「私は上手くいかない」と思っている文章だったからです。何度も何度もやり直していただき、最終日は見違える内容に変わり、皆を感動の渦に巻き込みました!

佐藤先生、ご一緒してくださった皆さま、森の合宿ではありがとうございました。
2014年2月に佐藤先生のセミナーを受けました。
そこで出てきた願いを叶えるために、セッションや日々のワークに取り組んできました。
日々のワークのひとつ「世界と自分の繋がりを感じる」ことが、わたしにはよくわかりませんでした。
わたしにとって世界とは、自分とは別物であり、時には壁を作って自分を守るものでしかなかったからです。
森の合宿を経験した今、「繋がる」を何となく感じられるようになりました。
それはまた、人との繋がりでもありました。
合宿でみんなと一緒に過ごしたこと、最終日のワーク・・・。
こういったことを通して、自分の願いはもはや自分だけのものではなく、願いに取り組むことは、みんなの願いを叶えることに繋がるんだという思いになりました。

雨降る森に行けたことも素晴らしい体験でした。
森には全てがあり、無駄なものはないということを、言葉だけでなく体感出来たことは大きかったです。

合宿場所はとても居心地がよかったです。
二日目の朝起きたら、肌がスベスベになっていて驚きました。
どういう環境で過ごすかで身体が変わるのかを実感しました。

森の合宿での経験は、わたしが次に進むための力強いサポーターです。
三日間ありがとうございました。

◆里佳子さん(仮名)最終日の共有感がすごかった!
(私からの一言)
仕事の締め切りを抱えながらの参加、お疲れ様でした!2日目の夜も、私に何度も質問され、熱心でしたね。合宿の共有感を大いに生かして、仕事の締め切りと上手に両立されていて、それもきっと自信になったと思います。最終日のワークでは、今まで考えたことのないことに真剣に向き合い、答えを出していたのが印象的でした。これからの未来の選択肢が変わっていくと思います。

予想外に仕事がひっぱってしまい、終われる見込みが見えなくて参加できるかどうかギリギリまで悩みましたが、仕事を持ってでも今回参加できて、とても良かったです!
仕事の事が頭にあったので、なかなか集中できない時もありましたが、みんなでシェアしたりしていくうちに、だんだん集中もできてきました。
テーマがバラバラでも、話をよく聞くと共通する部分がたくさんあり、自分のことのように思えました。
自分が思ってたことを、人を通して俯瞰的に見れたり、感じたり、気づかされたり、答えをもらったり。
ワークでも新たに気づかされることが沢山あり、とてもためになりました。
一日セミナーのときも、みんなと意識共有を感じましたが、寝起きをともにする宿泊セミナーの方がとても濃厚でした。
最終日の誘導瞑想のときの共有感はすごかったです!
あれは、寝起きをともにしたからこそのものだったように思います。 ほんと有意義で楽しいあっと言う間の3日間でした。3日間じゃ足りないくらいです。 また参加したいです。この経験を忘れず、日々前に進んで行きたいと思います。

◆柚子さん(仮名)内側と外側が連動しているのを痛感!
(私からの一言)
柚子さんは予想外のことに気づかれましたよね。今まで思っていた願いは、本当の願いではなかった。そのことを受け入れられたのは立派です。それを認めてしまうと、普通は困ってしまいますので・・・。「では本当はどうしたいのか?」この質問こそ、柚子さんの「今」を変える鍵だと思います。一人ではくじけてしまうところを、皆さんの温かい励ましで、乗り越えらえましたね。合宿が終わったあとも、そうなりますので、選択に意識を向けられてください。

3日間の合宿を通して、私は当初思っていた自分の願いが本当の願いではないことが分かりました。
そのため、合宿後半はどうしたらよいのか躊躇うことばかりでしたが、ハーモニーさんの手厚いフォローと合宿に参加していた皆さんからの励ましで、まず「本当の願いを分かるようになること」を願いに設定し、ワークに取り組むことができました。

そして他の参加者の皆さんが真剣に自分の願いに向き合い、叶った未来に一緒に立ち会わせてもらえたことが私にとってとても刺激になりました。

私は具体的な願いが未設定なので、具体的な未来は見えませんでしたが早くも合宿の帰り道から私のテーマと向き合う場面があったのです。
合宿前とはなんだか違う!周りが変わったように感じましたが、私自身、合宿中のワークで問題との向き合い方が今までと変わったのでしょう。
内面と外面は連動しているのを痛感しました。

私は合宿を通じて願いが新たに見つかったので、合宿後からが本番です。
もっと内観を進めて、もっと自分に寄り添うところから始めていきます。
合宿に参加していなければ、違う願いを本当の願いと思い込んでもがき続けていたと思うので、合宿に参加してよかったです。
ハーモニーさん、ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る