ブログ

人の心を理解する極意

★ご案内
札幌で10月3日の夜、木暮さんの講演会があります!
詳細は近いうちにご案内いたします。
「お金と働き方」という興味深い内容になる予定です。
時間を空けておいてくださいね!
====================================
、ついついのぞき見してしまう私です(笑)。
昨日の夜は、東京の青山にて木暮太一さんの
「累計100万部超え感謝祭パーティー」に参加しました。
木暮さんには、2冊目以降の企画書作成のアドバイスをいただいております。
先日まで北海道の森で合宿していたので、異国に行った気分でした(汗)。
自然いっぱいで心を解放するのと真逆の、大都会東京のシャレオツなイベント・・。
刺激満載でした!
木暮さんは、カイジ本三部作シリーズやマルクス資本論など「お金や働き方」についての数々の本が絶好調です。
累計100万部超えってすごいと思います。
何冊も書き続けられる「掘り下げる才能」が素晴らしいなと思います。
本は1冊出すのと、数冊出すのとでは、雲泥の差があります。
1冊なら、自分のすべてを出し切るつもりで書けばよいですが、続けてとなると、違う才能が必要になるからです。
ホンモノでないと、書き続けられないと思います。

イベントの中で、10分ほどでしたが、濃い対談がありました!

ダイヤモンド社の『嫌われる勇気』を編集された垣内さんという方と「タイトルのつけ方」についての対談でした!
垣内さんは、大ヒットした『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』も手がけられたそうです。
うん。
両方買ったよ・・・私(笑)
週刊誌もタイトル買いするし、まんまと引っかかるタイプですね、私は。

ベストセラーになる要素としてタイトルが大事だそうです!
300ほどの候補から決めるとは…
どんなに売れても「もっとよいタイトルがあったのではないか」と悩むのだそうです。プロ意識ですね!

ベストセラーの裏話が聞けてお得です!
人の心の動きへの理解ですね…

私は今、2冊目以降の内容の商標登録などしているので、気長にベストタイミングで出そうと計画中です。

木暮さんのアドバイスは「いかに10年、書き続けるのか」という視点なので、非常にためになります!
やはり実績を出している方に相談するのが近道ですね。
*写真は、パーティーでの対談中に撮ったものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る