ブログ

直感やタイミングが合っている!の合図

*5月28日のfcebookの記事です*

~引き寄せの前兆~
直感が本当に直感なのか、どのように見分ければよいのでしょうか。
この考えで合っているか、自分でわかりません」
「この直感や閃きが合っているのかわかりません」

このようなご質問を、セッションでいただきます。

その見分け方ですが、「そのテーマそのものより、周辺を観察してください」とお伝えしています。
テーマそのものは、主観が入りやすいので、判断がつきにくいものです。

流れに乗っている時は、 必ず周辺でサインがあります。

◆たとえば、今日の私。
前回の記事に書いた「十数年ぶりの彼(笑)」にお会いしてきました。

まさに今でしょ。のタイミングでした。
この数日だけ札幌に戻ったかいがありました。
実はずっとやりたかったことが実現するきっかけになりそうです。

そこから派生して「この展開も可能かも」と閃きがいくつかありました。

さて、この閃き。ゴーサインなのでしょうか。
まだ何も形になっていないのに、それなりの資金をかけてよいものか?

直感はゴーサインでも、現実には何も起きていない時。
こんな時こそ、周辺で何が起きるのかを観察するのです。

◆さて、久しぶりの逢瀬(あくまでも意味深に書いてみる・笑)の帰り、21時頃、ススキノのスタバで、明日の計画を立てていました。
明日は東京出張前日で、セッションが3人&新しいスーツを買いに行ったり、原稿を書いたり、やること満載です。

そこで、ふと迷いました。
夕方に、クライエントさんが私の家に寄り、あるブツを受け取りに来られる予定です。

私の解説が10分ほど必要なのですが、その他にセッションも必要なのか、クライエントさんのニーズをはかりかねていました。
予定では、セッションをせずに、ブツだけが目的なのですが…
もし、セッションすることになったら、夕方にスーツを買いに行く予定を午前にずらした方がいい。
クライエントさんにメールすればよいのですが、21時から朝までバイトなので、連絡つかない。

はて・・・。

考えがまとまらないまま、スタバを出る時間を少し変更して、歩いて自宅に帰ることにしました。
札幌ススキノは、碁盤の目なので、何通りもルートがあります。

何となく、いつもと違う道を通りたくなりました。
何となくキョロキョロして歩いていたら、真横に上記クライエントさんが(笑)!!

※因みに、私は視力が0.01なのに、裸眼でいつも過ごしています。よほどの至近距離でないと、知り合いに気づきません※

その方は、ススキノの飲食店でアルバイトしているのですが、たまたま外に出た瞬間に、私が通りかかったのです。
お互いビックリ。
で、明日、セッションした方がよいと思っていました、とニーズを確認できました。

ということで、明日の1日の流れは決定!!

実はこういう偶然、私は頻繁に起こります。
以前、そういうことが起きた前後を振り返って検証したことがあります。
すると、それらは「周辺の出来事」で、同時進行で、私の願いが動いている時でした。
その時はわからないのですが(予感はあっても)、時間が経った後の検証は、結果が出ているので確認できます。

◆ということで。
たぶんですが、前回の記事に書いた流れは、私にとってよい変化のようです。

結果はもう少し未来にわかるでしょう。
検証する楽しみが、またひとつ増えました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る