ブログ

【シータヒーリング】一瞬で皮膚が変化!?自分の感情を理解して「言葉」にする

~日本人は気持ちを「言葉」で伝えるが苦手~

明けましたね、2014年。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

というか、元旦からずっと仕事している2014年(笑)
仕事と趣味がほぼ一致しているので、2014年はますます境目がなくなりそうな予感・・・。

4日から福岡で「シータ波セミナー」を開催しています。
今回は、「大病をして奇跡の生還をしたエステの先生」も参加されているので、体の変化などに関して、専門度が増しています。
プロの方2名参加され、濃いです!

脳波をシータ波にすると、アルファ波よりリラックスして閃きが多くなります。
私のセミナーやコンテンツ作成のアイディアは、シータ波状態で思いつくことが圧倒的に多いです。

シータ波にすると、相手の感情を読み取ることも可能です。

◆ところで、「思ったことを口に出すこと」を苦手な方は多いものです。
それが「人にどう思われているのだろうか」
という気持ちになり、思ったことを飲み込んでしまったり、
人に気を使いすぎるようになります。

表面と内心のズレが大きくなるというわけです。
日本人は、周りの空気を読む能力が優れているがゆえ、
思ったことを、「伝わるように」伝えるのが苦手な民族かもしれません。
そのうちに、「わかってもらえない」という感情が心の奥に溜っていくのです。

この感情は厄介なこともあり、体に何らかのサインを表すこともあります。

◆この体のサインが、「自分で自分の感情を理解する」ことで変化することがあります。
昨日、まさに「一瞬?」でそんな奇跡のようなことが起きました。

2日目の最初から、受講生さん同士で心のクリアリングのペアワークをします。
ですので、1日目の最後に、私が受講生さんをデモセッションして見本を示します。

この時のクライエント役の方のテーマは、
「自分が何をしたいのか、よくわからない」というものでした。
でも、質問を繰り返していくと、ずっと昔に「伝えられない言葉」を飲み込んでしまっていたことがわかりました。

それがコミュニケーションの癖となり、
いつしか「自分の気持ちは人にわかってもらえない」という思い込みになっていきます。

そこで、この「わかってほしかった気持ち」を、シータ波になってヒーリングをしました。
この状態になると、私も相手の感情が「ビンビン」と伝わってきます。

お相手の方の繰り返し出てくる、心の抵抗。
・・・・。
えっ。。。と思うほど、変化に抵抗されています。
繰り返し出てくる、心の抵抗。

それを1時間かけて、丁寧に「言葉」にしてもらい、思い込みを解除していくのです。

ワークが終わってビックリしました!
エステの先生が、クライエント役の方の顔をみて「象皮が消えている!」と驚かれていました。

そのワークの前は、アトピーっぽく皮膚が黒かったのですが、なめらかになっていました。
クライエントさんも皮膚を触ってビックリ
たった1時間で、そんなことがあるものなのですね。

今まで数々のデモセッションをしてきましたが、確かに昨日の方は、今まで一番「よい方向になんて変わらないぞ」という決意が固かったです(笑)。

その気持ちが抵抗を起こさない「言葉」を探し当てるのが、解決のポイントでした。
こちらも質問するときの「言葉」を大事にして、クライエント役の方も、自分の気持ちを「言葉」にすることにフォーカスする。

言葉のチカラは、時には絶大な癒しのパワーを発揮するようです。
皮膚の状態が一瞬で変化するのを目の当たりにして、ますます「無意識に影響を与える言葉」の奥深さを実感しました。

================================
札幌、東京で2月に「シータ波セミナー(基礎)」を行います。
出版社の教材化のモニターのため、15万相当の2か月の「直観力を伸ばすワーク」もつきます。

◆札幌:2月8~9日
◆東京:2月15~16日
価格:45000円
お申込み:info#izumi88.com (#を@に変えてください)
========================

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る