ブログ

究極の催眠は「雑談」の中で自然に「暗示」する

*数日前のfacebook記事です。

~11人目の認定コンシェルジュは「雑談で変容を起こす」~
私の「魔法の言葉」養成講座では、
潜在意識に働きかける言葉と、
コミュニケーションに働きかける言葉の2種類をお伝えしています。
両方に共通しているのは「感情を読み取る」ことです。

自分の感情がわかれば、目標達成を邪魔しているものがわかり、メンタルブロックを回避できる道筋がわかります。
これが本当にわかると「人に対しても」同じことができるようになります。

当初は、人の目標達成をサポートする人を育てるつもりだったのですが、
なぜか「自分のために受講する人」が多いのは、
自分の目標達成や、コミュニケ―ション力をあげたいという方が多いからだと思います。

◆私が今の仕事をやっていくうえで、「この人を目指している」という方がいます。
それが、天才・催眠療法家のミルトン・エリクソンです。
既に亡くなってしまいましたが、色々な逸話が残っている方です。

催眠というと、いかにも怪しげな印象を持つ方も多いと思います。
例えば「あなたは眠くな~る、眠くな~る」みたいな(笑)

しかし、今の催眠はもっと自然です。
私が思う一番スマートな催眠は
「普通に会話している中で、気づかれないように催眠をかけること」です。

ミルトン・エリクソンはこの手法の天才と言われています。
こんな趣旨の逸話があります。

手におえない思春期の問題児を子に持つ両親。
解決できるのは、天才エリクソン先生しかない。
そう思った両親が、子をエリクソンの元へ連れていきます。

嫌がる子。
渋々、その子はエリクソンの部屋をノックします。

その子が部屋に入ると、エリクソンはこう言います。
「今日は、親に連れられて、嫌々来たんだろ」

「は、はい・・・・」

「帰っていいよ」

???

そして、帰ったその子は、
ほどなく非行をしなくなった。

◆こういう趣旨の逸話です。
このどこが催眠?
と思うかもしれませんが、
私は「感情の抵抗」という観点でいうと、
エリクソンはまさしく天才だな、と思うわけです。

エリクソンの手法は、本人は文字で残していないので、
弟子達があれこれ推測して本にしている、と言われています。

この事例を私が解釈するならこうです。
その子は、おそらくエリクソンの元に行くとき、不信感でいっぱいだったはずです。

エリクソンに説教されるのか。
あるいは、何やら怪しい催眠でもかけられるのか。

「感情の抵抗」でいっぱいだった、その子は、
エリクソンの「嫌々来たんだろ」という言葉に不意を突かれたはずです。
「わかってくれた」と、一瞬、心に「間」ができたはずです。

この「間」に、
絶妙なタイミングで「帰っていいよ」
と「言葉」が入っていったとしたなら・・・。

これぞ、芸術的な「催眠」だと私は思うのです。
「驚愕」と「混乱」という方法がエリクソンの手法の一つであるようですが、
この手法を効果的に使うと、相手の心が一種の受動状態になります。

おそらく、エリクソンは、この非行少年に、意識的なのか偶然なのか、
そのようなアプローチを行ったのではないかと予測します。

◆相手の感情を「読む」ということは、結局「間合いを読む」であり「空気を読む」でもあります。
その延長線には、きっと「世の中の動きを読む」とかもあるだろうと思います。

余談ですが、私が最近通っている速読法は、この広い意味での「読む力」を伸ばす、という趣旨のようで、大いに共感しています。
エリクソンのような高度な「相手に気づかれないように」「変容を促すセッション」をするには、土台となる「読む力」すなわち「洞察力」も含めた感性的なものが必要だと思います。

これを私は一生かけて究めていきたい。
そう思っているのです。
それほどまでに、「雑談で相手が変容する」というのは、奥が深く、かなり魅了されています。

その意味で、セッションが上達すると「雑談しているようでいて、実は、相手に気づきや変容を促している」カタチになるはずです。

変わりなさいよ!
と一切言わないのに、相手が勝手に「気づき」「変化を選択する」

これは上級者でないとできない技なのです。

◆この技を得意とするのが、塩崎由香子さん。
先日、11人目の「認定合格者」となった方です。

塩崎さんのセッションは、いつの間にか始まっていきます。
気軽におしゃべりしているような感じ。
ところが、です。

クライエントは段々と自分自身の深い部分に、
自然に入っていきます。

その道のりを全て受け入れてくれるという安心感。
自ら進んでいったと思うその「心の道」。
しかし、この「心の道」には、いくつかの分岐点があります。
この分岐点で、実は「誘導されている」と気づく人は、少ないかもしれません(笑)

塩崎さんのセッションの特徴は、
完全に相手を受けいれているようでいて、
時折、エリクソンのような「驚愕」に近い質問がなされることです。

クライエント受け入れられている気持ちがベースにあるので、
質問に答えながら、分岐点において、
最適な道のりを「自分で選んでいる」と思うのです。

そして、ほとんど全員がこのセリフを言います。

「私、今気づきました!実は私の本当の気持ちは~~だったんです」

気づきが起きると、次は「変容」が起きます。
塩崎さんのセッションは、こういう自然な変容を起こすのです。

雑談をしながら、自らの心がゆるやかにほどけていく体験をしたい方。
是非、塩崎さんのセッションを受けられてくださいね☆

塩崎さんのブログは コチラ です。
http://beeehappy.jugem.jp/
文章力もおありなので、笑いが満載!です。
==========================
通信制の養成講座は、随時受け付けています。
詳細はコチラをご覧ください。
http://www.yousei888.com/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る